カテゴリ:日々の事( 262 )

それもこれもどれも なかちゃん だから

現状の覚えとして

【歩行が困難】
左足の裏、犬猫で例えるなら肉球のあたり、歩く時に蹴る場所に棘が残っていて中に入り込んでいて取れない。触ると痛い。
医者を選びミスったという大きな後悔はある。
それを呪ったら、もうそれだけでへこむし落ち込む。

今は、見せられない方法で細工をして、つまりは、歩行の際に、その部分が直接押されないようにしているのだが、家にいる時にはどうしても足を床につけることができない。ただ、靴を履いて外に出る時は、なぜか大丈夫。
大丈夫だけれど、どうしてもそれで蹴って早く歩いたり長距離を歩くのは難しい。
 
家の中にいて、それをかばうために、どうしても力が入るから、疲労が激しく、今度は足がつりはじめてもいる。
これは想定内ではあるものの、あすからの大事なイベントの数々を考えると、途方にくれる。

たったこれだけで、途方にくれるのに、まだ症状がある。

【術跡の痛み】
2011年に手術した結石の場所、また結石が動くことによる痛みがあって、右足がむくんでいるような痛みと、右側の腎臓、股関節付近に痛みがある。
実は、これだけで、杖が必要になる状態だった。
先の棘の影響で、両足が不自由になる状況にある。
 
さて、この痛みだけれど、こんなに長く痛みが続くのはおかしい。
結石ではない可能性もある。
症状としては限りなく結石が動いている症状なんだけどなー。

【入れ歯が不調:食べられるのか】
上の入れ歯が不調で、歯茎にダメージを与えていて、腫れてきそうな様相。
腫れてしまうと、入れ歯が入れられずに、つまりは食べられない状況になる。
食べられないと、体力が落ちるから通常業務に支障が出る。
当然、他の症状が治るのが遅れる。
そして、今週末には遠方から友が来る。
いつもそんな時に万全の体制では望めないところが、申し訳ないのだが、これもなかちゃん、ということで今回も許してもらうしかない。

【痒み】
これは8月に入ってからずっと続いている症状のひとつ。
痒みの原因の特定には至っていないものの、女性ホルモンの摂取によって皮膚が敏感になっている可能性があって、それをどうやって検証して対応するか、というところ。



こうやってブログに残していつも整理するんだけれど、いやー、厳しいなぁ。

昨日は心がへこむと書いたけど。
これはへこむどころじゃないな。

生きるのが大変だ、という言葉しか出ない。

ともかく明日はなんとか乗り越えよう。
そして1日ずつこなして行こう。

時間は黙っていても経過するものよ。
風に流されてもいいじゃないか。

それもこれもどれも なかちゃん だから。



にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2018-09-11 20:39 | 日々の事 | Comments(0)

しかし。。。へこむ

今年に入って、いろんな嫌なことがあって、ちょっと薬を飲めない時があって、その後、復旧不能じゃないかと思うこともあって、やっとここんと、復活の兆しが見え始めたのにだ。

へこむわー。

歩けなくなった。

どうすんだよこれ。







いっぺんに生きるのが辛くなった。

4つ同時平行で、どれも解決してない。

考えたくもないけれど、なにかなー、なにかないとな、厳しいな。





何だろうと考えても、4つのうちどれかが解決することしか、頭には浮かばない。

難しいよなー、どれも。





そして、今週は色々とイベントが。

あー、乗り越えられるだろうか。

もう、へこむ。










にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2018-09-11 11:09 | 日々の事 | Comments(0)

抜けない

昨日(9日)午前、布団を干そうとして裸足でベランダに出た際に、ささくれか何かに足が触ったらしく、長さが5mmほどの細い木が足の裏に刺さってしまった。

でも、痛みは感じたものの、ちょっとだけ切ってしまったと思って、放置してしまったんだなぁ。

ところが切ったのではなく、刺さってしまい、さらに体内に取り込まれてしまっていたことが夜になってわかった。
(指先に斜め直線になっている部分)
b0339874_21465050.jpg


翌朝(つまりは今日)それを取ってもらいに病院に出かけたのだが。。。

もうとっくに、体内に巻き取られていて、お医者さんはそれでも手を変え品を変えて取り組んでくれた。
(指の手前の白いポツポツしたところ)
b0339874_21482703.jpg
が、所詮、見えないところを突っついてもどうにもならず。
取れないことに。

そして、化膿止めの塗り薬を処方されて帰宅の途につくわけだけれど、その前に病院の支払いが。

なんと、請求された額が、9,990円だった。

どうも、異物除去(つまりは手術)代としてらしい。

でも、いくらなんでもって言うんで、文句を言いにいったところ、単なる処置(失敗しているけれど)ということで数百円の請求になった。

こんなんがあって、とっても疲弊してしまって、今日は午後から仕事だったのだけれど、休みにさせてもらった。

足は痛いし、歩行が困難だし、疲れがひどいし、体調が悪いところはここだけでもなく。散々な週明けになってしまった。

さて、今週、どうすんだよこれ。
いつまで痛いんだか。

あー、途方にくれるわ。

にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2018-09-10 21:54 | 日々の事 | Comments(0)

痒みの原因のひとつは。。。そして

薬でもなく食べ物でもなく、夏の暑さでも寒さでもなく、洗濯洗剤の影響でもないことはわかっていたけれど、ここんところの涼しさで、頻繁に出ていた痒みが、たまに出る、に変わりました。

そして、その原因のひとつに、汗が冷えた時に、一斉に痒みがでることがあるのがわかりました。

一旦出た痒みが、あとは爆発的に増えて痒い、に繋がる。

となれば。。。

今度の暑い夏がきたら、対策は取れそうな気もするですかね。

そして、今は、痒みよりも、右足全体の異様なだるさ。おそらく尿路結石だと思われることによる痛みが、ここ何日も続いています。

あー、いっぺんになるのも嫌だけど、こっちがおわって、次はこれ、と際限なく続いていくのもつらいものです。

休ませて欲しいものです。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2018-09-08 22:23 | 日々の事 | Comments(0)

寝相

最近の私の寝相は、うつ伏せ。

以前は右を下にしていた。

反対にすると呼吸が苦しくなるからだった。

いつからうつ伏せになったか、正月にインフルエンザになり、うつ伏せにすると咳が出ずに眠れた事がきっかけ。
その後、肩の関節や股関節を調整するとペタっと密着できるようになった。
それから、両足を蹴りあげて土踏まずをくっつけた状態でも眠れ、家族から器用だよねと。
後は、仰向けになっている時に、腕を真っ直ぐに垂直にあげた状態でも寝られる。
腕はどっちにも倒れない。ぴたっと動かないから。
後は、両腕を頭の方向にまっすぐに伸ばす、もあるかな。

どれも相当疲れている時ですね。

今朝もそんな感じだったけれど、朝までぐっすり。

だけど起きた時の第一声が「あー疲れた」とはなるけれどね。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2018-08-08 07:58 | 日々の事 | Comments(0)

男になりたかった

最初に短い言葉があって、その後ろに最大で2行くらいの短い文章を作りなさい、という最近、家内が受けた適性検査の問題のひとつ。

最初の文字が「男」だったらしい。そしてそれへの回答がこれ。

そうなんです。家内は男にした方がいいぐらいの行動派なんですよ。



そうそう、我が家では、夫婦で着るもの交換をして過ごしたりします。
男装女装ではないんだと思います。

これは、私と家内とで、体重に開きがあるものの、なぜか、要所要所のサイズが似ているらしく、例えば、ヘルメットは同じサイズのを持っているから交換して使えたり、ズボン系もそう。ほぼ同じなので、洗濯が間に合わない時は、私のが使われたりする。ポロシャツもそう。お互いに取っ替え引っ替えしながらその日に気に入ったものをきていく。下着は。。。まぁ、それはいいでしょう。ここでは。

そして、そして、そんなだから私は、家内のお下がりをずいぶんと着ることがあって。
例えばバイクのスーツは全てそう。だから女性仕様だったり、ま、男仕様のものを家内もきているからなぁ。
なんでもかんでも交換して着ちゃっているんで、経済的です。

だから、例えば、昨日なんかは、私の上下は家内のお下がりで、となると女性ものを身につけて出かけてるわけですね。

でも、これは女装とは少し違うんですけれど、腕を思いっきり出していたりして、その腕は、女性ホルモンを摂っているから女性の腕だったり、時計は女性用の小さいのをこれまた右腕に内側に向けてつけてたりします。
そして、顔はおばさん顔。

これで日傘でも持ったら、間違えられちゃうだろうな、と思うのですが、何もこんなことまでしなくても、私は普通に外を歩いているだけで女性と見られることもあって。

なんと言いますかね、電車なんか乗っていて、何人かの人が驚くのを楽しんでたりする、変なやつです。



そうそう、「夫」という問題の回答は「夫は体が弱い」だそうです。

その通りです。









にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2018-07-24 15:56 | 日々の事 | Comments(0)

性自認ー距離

私は生まれてきた時は未熟児だったし、早生まれでもあり、そして中学校が目の前にあったから、日々の中で同級生と比べると体力が付きにくいところはあったと思う。同級生で学校まで通っている子の中には片道4km1時間という子も多かったから、通学だけで鍛えられていたと思うから、どんどんと差はついていったと思うんだな。

だから、高校生になって、友達が男の気配を見せ始めても、未熟児だから遅いんだと思っていたし、実際にもいろいろと奥手だった。
雑誌を見て誰々がいい、とか言ってても、何がいいのかわからなかったし、おしゃべりをしないで誰がいいとか言えないだろうなんて真面目に思っていた。
男が運動して出る汗の臭いも私にはほとんどなかったし、無臭だったし、汗もそもそもかかなかったし。

そうして大学生になってもそのままで、どうやったら中学生に間違えられないようにできるかを真剣に考えていたように思う。

社会人になって、多くの男たちを目にして、それでもまだ未熟児だったから、いつかは私も周囲の男たちに近づいていくんだろう、と信じて疑わなかった。KSと診断されても。

KSと診断されても、無精子と言われただけで落ち込むに十分だったから、インターネットもまだなかったから、他のKSについては何一つ知らなかった。
ただ、決定的に周囲の男たちとは違うと思っていた。

距離があるなぁ、という性自認。

男だけど、距離がありすぎる。
今は夏の季節で、男の人たちの肌の露出度は高くなる。筋骨隆々な男たち、真っ黒に日焼けして、ヒゲを伸ばしてたり、頭髪が薄かったりと。
あきらかに違うな。どれも該当しないな、と。

そしてそれが自分独自のものだと思っていた。

インターネットでKSを検索して、いくつもの項目がヒットするようになって、同じKSの人とも会って、初めて、自分がどうにもならない状況なんだとわかった。

違う種族なんだと。

そうして、今までは男ではあるけれど、男との距離があるなーぐらいの性自認だったものの向きが変わった。
体の女性化、女性ホルモンを入れるようになって拍車がかかってきたら、男との距離を測るのではなく、女との距離を測るようになってくる。

もう男にはなれないとわかったのだから、ある意味当然だと思った。
じゃあ、男との距離よりも女との距離の方が短いのか、って聞かれたら、そこは難しい。なんとも言えない。

もっと正確な表現をするなら、境目あたりを行ったり来たりしている、っていう感じかな。

自分ではどうにもできないけれど、そんなところで漂っている、中途半端な自分なんだと認めざるを得ない。



あー、なんか、気分が乗らない。

最近、いつもこんな状態になると、せっかく長々と書いてもキャンセルしちゃうんだけれど、今日はこの状態のまま残すことにするよ。







にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2018-07-16 12:10 | 日々の事 | Comments(0)

薬の減量から糖尿病の治療へ

4月の下旬に体調を崩して6月から新しい薬にして、そろそろ1ヶ月。
糖尿病の目安となるHa1cが順調に悪化しているのが、健康診断や定期検診の血液検査からわかっていて、そろそろ、そちらも治療を開始せねば、と思ってきている。

糖尿病は、どうすればよくなるかはわかっているので、それをやってみるのみ。

薬は高いからねー。

女性ホルモンが1ヶ月経過してだいたいどのぐらいがいいかがわかってきたからね、こっちは減量してみようかと。
今は、プレマリン錠を1.5錠ずつ朝晩だけど、多すぎていると思うので、朝晩1錠にまで減らせないかと思っているんだけどね。

昨日は、朝1錠にしたんだけど、午後の調子がよくなくって、夕方に2錠にしたら、今度は多すぎ。明らかに多すぎ。血管が破裂するんじゃないかと思っちゃった。
2錠は多いんだな。

ということで、いろいろと調整中。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2018-07-11 15:17 | 日々の事 | Comments(0)

なんだ、元気じゃん

4月に思いっきり体調を崩して、死ぬかと思った後、眠っていた症状が出ていることがわかって、今まで長い間やってきたことのいくつかを辞めた。

 もうボランティアする側じゃないよ。される側だよね。

ということなんだけど。

そうして、いきなり辞めたから、メンバー全員にのちに伝えられたのは「なかちゃんは、体調を崩したので退会しました」旨だった。

でも、出かけている。仕事もしているし、バイクにも乗っている。
出かけた先で、メンバーと会うこともあって、今までみたいに話ができているじゃん。(なんで辞めたの?)

ま、知らない人にはそう見えるでしょうね。
実際に、私から離れてしまった、というか、そういう私を見て、呆れている人もいるように感じる。


私が出かけているのは、最低限のことだけ。
そして、出かけるのにバイクを使うには訳がある。

まず人混みを避けたい。
歩く距離を減らしたい。

最近の通勤電車でもそうだけど、特に駅のホームでは、人の流れには乗るけれど、決して、人の流れの塊に入り込むようなことはしない。
あえていうなら、人混みを先に行かせた後で、ゆっくりと進む、をしている。
だから、エスカレーターなども、みんなが我先に乗って登っていくのを見て、最後の最後に、かなり距離を開けて乗っている。

電車の中でも座れない場合には座れるまで待つ。帰りは最後尾に乗って、降りる人がいるなら一旦ホームに降りて最後に乗り込んだりしている。
だから、明らかに混雑する公共交通機関は使わない、ということなんだ。
それでもそこに出かける必要があれば、その時にバイクを使うということ。はるかに私の今の体の理にかなっている行為だと思うんよ。

歩く、については、歩く距離を減らしたい、というよりも、痛みが出る部分を動かしたくない。
公共交通機関の車内は冷房がガンガンに効いている。その冷房で、私の体は冷やされて、冷やされると出て来る、腰骨付近をキリでぐじゃぐじゃにかき回されるような痛み。そしてそれが出た状態で歩くは、地獄の痛みなんだな。
バイクを操作できる腕力さえあれば、バイクの方が歩くよりもはるかに楽。患部を動かす回数が非常に少ない。しかも寒くない。
もちろん、外出できないような日にはバイクにも乗らないし、そもそも外出も最小限にする。

そして、薬が効いている時は、なんとか出かけられるけれど、キレそうになると途端に動けなくなる。
今まで活動できていたのが奇跡なぐらいのものなのよね。

つまり、出かけて人と会える状況の時は、最低限の体力で出かけていて、薬が効いているから動けているだけ、ということなんだな。

別に、体調が悪いから家で寝たきりになっているわけでもなく、バイクなんて到底乗っていないだろう、っていうことじゃない。

でも、これを伝えるのは大変だし、理解されないことも知っているから、言わないのよ。



誤解の原因になっているのは知っているけれど、もうそんなのどうでもいいのよね、私には。
そんな余裕はない。

だから、「大丈夫?」って聞かれた時に「大丈ばない」と答えているんだなぁ。
だってそのものだから。

だから、もし出先で会えたなら、なんだ元気じゃん、ではなくて、今日来れてよかったね、と言ってくれたら、とっても嬉しいんだな。



にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2018-07-10 11:55 | 日々の事 | Comments(0)

WANDERRING MAN

どうして当時、私はさまよっていたんだろう。

高校卒業(18歳)時の寄せ書きに、10年後の自分は、まだ「夢も希望もなく、たださまよっている」と書いた。

確かに、10年後、KSがわかった後だから「夢も希望もなく、たださまよっている」んだけどね。

そして、その後の10年後、結婚はしているけどね、体力的なものがあるから夢は抱けていない。

さらに10年後、50歳を前にしてKSのなんたるかを知っているからやはり「夢も希望もない」。

夢を抱けず、だから希望もない。

KSがわかった後なら、その心境は理解できるけれど、やはりなぜ、このアルバムを買った当時「夢も希望もなかった」んだろうか。

もし、もしも、改めて考えてみるならば。。。
計画ができない、自分だということ。

就活していた当時、進学と就職と、周囲が自分の考えをしっかりと持っている中で、私は、何も決められていなかった。それどころか、高校を3年間も過ごしていて、ある教科(数学)だけは高得点を叩き出しているにも関わらず、持っていた疑問、それは「勉強の仕方がわからない」だった。

そして、大学も適当に過ごして、社会人になって、この勉強の仕方がわからない、で苦しむことになる。

この時に、KSのなんたるかをもし知っていたら、きっと、この時点で人生を終えていただろうけれど。




そして、今も、この先のことを考えることができず、つまりは計画を立てることができずに、結果「夢も希望もなく、たださまよっている」ことになるんだろうな、と思う。

家族には申し訳ないとは思うけど。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2018-07-04 19:16 | 日々の事 | Comments(0)

クラインフェルター症候群(KS:47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。化学物質過敏症(CS)もね。


by KSofNaka
プロフィールを見る