人気ブログランキング |

カテゴリ:症状(精神)( 4 )

強迫性障害については

知人がそうだ、というので、こちらのサイト↓から調べてみたら。あら意外。

あなたの症状の傾向
・潔癖症の傾向があるといえます。
・疑い深い傾向があるといえます。

との診断でした。

あらあら、ってな感じです。

b0339874_22185902.png
【確認してしまう】
例えば、自動車のドアの鍵がかかっているか、部屋の鍵はどうか、水道の蛇口、住所や手紙・メールの宛先確認。

【潔癖性】
不潔なところは嫌いだけど、無頓着な時もある。

【優柔不断さ】
疲れている時は、結構その傾向が強いかな。

【疑惑】
検査の仕事を長年やってきているから、そうなるよね。
あまり人を信用していないかもね。



にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
by KSofNaka | 2019-06-12 22:25 | 症状(精神) | Comments(2)

アスペルガーはどうよ

あるサイト↓のチェック結果からは低いと出ましたね。

大人のアスペ 診断:総合55点

大人のアスペの傾向は低いといえます。

【内訳】
対人関係を築くのが困難=>50%
行動の強いこだわり=>56%
感覚が正常に働かない=>60%

設問は、あえて、かなり端折ってます。

【そうだなぁ】
・子供の頃、何か一連の名前を覚えるのが趣味だった。
  →友達と一緒に、地図帳から地名などを探すことをやった。
・相手の話している言葉がとぎれとぎれになって聴こえることがある。
  →目の前の声が聞こえないことがある。
・何かに集中していると、呼びかけに返答できない。
・子供の頃、集団でやる遊びが苦痛で、参加したがらなかった。
  →嫌だね。
・子供の頃、手先が不器用だった。
  →いまもかな。
・話が急に変わる。
  →喋りながら別なことを考えているから、そっちの話に変わることはよくある。
・スケジュール通りに実行できないことが多く、よく時間に遅れる。
  →これはダメね。
・仕事や家事を段取り良く進めることができない。
  →段取りはダメ。

【まぁ、そんなかなぁ】
・感情を抑えきれず、怒鳴ったり、物や人にあたったりする。
  →瞬間的なものはKSは多い。
・会話が噛み合わないとよく言われる。
  →別なことを考えていることがあるからだろうな、と。
・子供の頃、一人で遊んだり、何かに没頭することが多かった。
  →みんなで一緒にっていうのは好きではなかった。
・子供の頃、癇癪を起こすことが多かった。
  →多かったんじゃないかなぁ、KSだもの。
・子供の頃、急な時間割変更にパニックになったことがある。
  →覚えていないけど、不安感はあったと思うよ。
・学生の頃、「変わった人だね」や「不思議ちゃんだね」などとよく言われた。
  →言われたことはないけれど、違うやつだったとは思う。
・余計な一言を発してしまい、相手を怒らせてしまう。
  →言葉で失敗はよくある。
・平気でボロボロだったり、汚かったりする服を着て外出してしまう。
  →無頓着ではある。汚いかどうかは別として。
・曖昧な指示をされるとどうしていいか分からなくなる。
  →そうだね。
・騒がしいところにいくと頭が痛くなったり、吐き気がしたり、過剰にイライラしたりする。
  →今はそうだね。避けてますね。人混みは。
・支払いが滞ることが多い。
  →計画はされているけどね。金がなければ払えないから、やりくりのレベル。

【ちょっと違うかなぁ】
・何か頼まれても、すぐに別のことに集中してしまい、頼まれごとを忘れてしまう。
・学校の成績は良い方だった。
  →ひどく悪いことはなかったけれど。
・子供の頃、友達が泣いていても、その理由がわからないことが多かった。
  →そんなことは少ないと思うよ。
・上司や同僚、家族などに注意されても、同じミスを繰り返してしまう。
  →あんまりないと思うんだが。
・極端な偏食がある。
  →こだわりはあるかもしれないけどね。

【こんなことはないな】
・学生の頃、同級生と話が合わなくて、変わり者扱いされていた。
・子供の頃、大きな音が苦手で、聞くと耳を塞いで動けなくなったり、しゃがみこんだりしてしまっていた。
  →経験や記憶がないね、そんなこと。
・何か1つの作業を完璧にやり終えるまで、別の作業に切り替えることができない。
  →仕事でマルチタスクを知ってからはないな。ラウンドロビンほどのものもないけど。
・状況に合わない服装をしてしまう。
  →ないと思うよ。
・相手を思いやれない振る舞いをしてしまう。
  →これもないと思うなぁ。
・余裕をもった行動ができない。
  →ないね。余裕に余裕の上塗りは多い。
・勧誘されると、つい乗ってしまう。
  →ない。
・家族や友人などの親しい間柄でも敬語で話す。
  →ありえない。
・順番にこだわる。
  →そうしてみたい。
・やる気があるのに「やる気がない」「真面目にやれ」などと言われる。
  →ちゃんと会社に来い、っていうのはあるけど、それはKSに関連したことだからね。

にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
by KSofNaka | 2019-06-12 20:21 | 症状(精神) | Comments(0)

今さら。。。発達障害かぁ。

GW明けに遭った事件で、急激にメンタル面がやられてしまったことがあって、この際だから、ちゃんと病院を受診しよう、ということで予約を入れていたちょっと近所の超しっかりとした病院に行ってきた。

準備した資料は。。。
①既往症などをA4 1枚に収めたもの。
②今回の症状やきっかけ、などを書いたもの(突発性のものと、緩やかに起きているものと)。
③化学物質過敏症(CS)をサイトから簡易的に診断したもの。
④揺らいだ時の状態でMtFをサイトから簡易的に診断したもの。

受診した科目は、精神科。

いつものように、問診票には、別紙と書き連ねて、資料①に誘導していく。
そして、受付で、問診票と一緒に資料①と②を渡した。

ところが、ここでチェックが入った。
こんなに症状があると、まずは、内科的に診てどうかという診断をし、最終的に残った精神疾患的なものを洗い出す必要があるとのこと。
つまり、純粋な精神疾患しか診ないよ、とのことだった。

ここで、すったもんだが始まった。

身体的な疾患は、震え、不整脈、めまい、耳の状態、脳の状態。。。
そもそも、KS由来などで、全身に渡って、様々な疾患があるので、それらをはっきりさせたいと言ってきたんだ。

だから、それをやっていたら、生きているうちに、ここ(精神科)まではたどり着かないから勘弁してくれ! と言った。
もし、それらを全部検査するって言うのなら、こちらにも条件があるってものよ。
「クラインフェルター症候群に精通している医師がつきそう」ということだ。さすがに、そんな医者、いないよね国内には。

それでも納得しない受付の医師。

そこで、既往症の別紙を見れば一目瞭然なんだけれど、一つ一つ説明していった。
・脳はMRI検査で「こんな綺麗な脳を見たのは久しぶりだ」と医者に言わせたから大丈夫だ。
・耳は一時的なもので、今は大丈夫だし、症状は1、2時間の短期的なものだ。
・不整脈は、僧帽弁閉鎖不全に始まり、心臓にある4つの弁の閉鎖不全があり、それはわかっていて管理されている。
・手の震えは、ここの病院に昔かかっていて調べてもらっている。KS由来のものだ。
   実は当時検査してくれた女医さんが今もいることがわかって、会いたくはなったが。
      ・・・・・

そして、やっと診察を受けられることになった。
ちなみに、ここの受付の医師は、KSは知っているようだった。

さて、診察に入った。いわゆる問診。結果的に、2時間かかったんだが。

ここで、さっき受付の医師とのやりとりが、また始まる。
どうして、医師は、こういうところを引き継がないのだろうか。

(1)GW明けの事件の時の状況。

  いつ、どういう状況で、どういう症状が出て、今はどうか。。。
  正直、今は症状が改善されているから、当時のことを書いた資料②を順番に読み上げていくことになる。
  はっきり言って、私はイライラしていた。

(2)過去に起きている突発的な時のこと。

  当事者グループで起きたこと、SNS上で起きたトラブル、他人とのいざこざ、電話の音、カウンセラーに嵌められて落ちたこと。。。
  まぁ、どれも思い出したくないことばかりだけれど、まるで、他人のことのように話をしていく。

(3)どうしたいの?

  今回は、今後も起きるであろう、突発的な時に対応できる薬を処方してもらいたいのが1つ。
  もし、精神的な疾患があるのなら検査しておきたい。(発達障害、アスペルガー、ADHDなど)
  この2つ。

(4)そのほかのこと

  まず、KSのこと。
  化学物質過敏症のこと(資料③)。
  揺らぎの時の状態のこと(資料④)。

(5)生い立ちなど

  どこで生まれ育ったか。
  発達の遅れがあったか。(言語、歩き)
  内向的だったかどうか。
  最終学歴。
  今の仕事。(過去の仕事)
  いつ結婚したか。
  家族構成のこと。
  親近者に精神疾患者がいるか。
  趣味。
  喫煙と飲酒のこと。
  経済状態のこと。
  14年前にここの病院の精神科に掛かった時のデータが見つかったり。。。
  うつ状態の周期。
  躁状態の有無。
  いつ頃から突発的なものが多くなったか。(東日本大震災後かな)
  離人症の話もした。
  学習障害のこと。
  突然切れることも話した。

(5)パニック障害

  パニック障害に該当するかどうか質問に答えていた。
  ほぼ8割くらいは該当していったが、最後に、短時間で症状が治るか、についてはNOだった。
  そこでお医者さん、アレ、違うかも、のような反応が。
  実は、私もSNS上でのテストをやると、最後の方で、うーん、ちょっと違うかもしれないな、と思う質問にぶつかるんだな。

(6)最後に

  まず、私の近所の精神疾患を扱う病院への紹介状を出された。
  突発的な時への対処の薬を処方された。

  最後に、資料①を受け取った時(最初)に発達障害だと思ったし、話を聞いていく中で確信を持った、と言われた。
  実のところ、この一言はショックだった。
  発達障害があるだろうことは薄々感じていた。SNS上での簡易的なテストでも必ず疑いがあると回答だったから。

  でもさ、既往症の資料①は、もう記憶が怪しくなってきたから作ったもので、それで発達障害を確信したことに繋がるのか、と正直、憤りがあったよ。
  医師への説明だって、KSもロクに知らないだろうから、事細かに説明をするわけだよ、こちらは。
  お医者さんだって忙しい中に、時間を作っているだろうからと、一生懸命に伝えようとするのよ、まとめて。だから資料②なども作るのよ。
  それをさ、そこを見て、その診断か、と。
  これは、私のお医者さんへの優しさの現れなんだよね、ある意味。
  良かれと思ってやっているのよ。

  実際に、げーげー吐きながら救急搬送された時の救急隊員は、これを見て、何も聞かずに搬送してくれたし、他のどのお医者さんだって、これは見やすくてわかりやすいと言ってくれているわけだからさ。

ま、そんな感じでした。
でも、一限さんの私に、懇切丁寧に付き合ってくれたことには、感謝しましたので、その旨、最後にお礼を言って、帰ってきましたよ。

あー、こうして、また新しいオプションが追加されたかな「発達障害」。  







にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
by KSofNaka | 2019-06-11 20:25 | 症状(精神) | Comments(2)

ADHDについて

ADHDについて、あるサイトに書かれていたチェック項目について。。。

・計画性・・・・なしですね。思いつきで行動や発言することが多いですね。
・忘れる・・・・どうだろう、やらないといけないこと。。。わからない。
・詰め・・・・・気分屋だから乗っていなければ甘いかも。
・遅い・・・・・じっくり考えることは先延ばししますね。
・そわそわ・・・余裕を作りすぎて、そわそわもぞもぞはあるかも。
・過度に活動・・するしないは極端。
・ケアレスミス・年相応かな。
・集中・・・・・やりたいものについては集中するけど、体力が落ちるとダメ。
・話に集中・・・これは大丈夫なんじゃないかな。何もやっていない時なら。
・置き忘れ・・・あまりないけどね。
・気が散る・・・様々なことに敏感だから、でも、どうだろうね。
・長時間の着席・大丈夫だけど、空気が濁ってきたら立つかな。
・落ち着き・・・あるんじゃないかなぁ。
・空き時間・・・ゆったりくつろぐんは下手。
・しゃべりすぎ・ある。
・さえぎる・・・あるある。
・順番待ち・・・大丈夫。待てる。
・他人の邪魔・・結構やっちゃう。ごめん。

ということで、チェックして判定すると、ADHDで専門医にかかった方がいい、と出た。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
by KSofNaka | 2019-04-03 17:52 | 症状(精神) | Comments(0)

クラインフェルター症候群(KS:47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。化学物質過敏症(CS)もね。


by KSofNaka
プロフィールを見る
更新通知を受け取る