地理の思い出

KSであっても、子供の頃から現在に至るまで、一つの教科の成績が良かったことが、どれだけ人生にとっての支えになったかのお話です。

さて、地理、特に地名のお話です。

小学3、4年生になると教科書に地図帳が出てきます。
この地図帳を休み時間に友達何人かで、その日のテーマを決めて、山の名前、川の名前、都市名、三角州の名前などなど、そういったものを地図帳から探すってことをやってました。何が楽しかったのか、よく思い出せませんが、ともかくそういうことを休み時間に友達とやっていたので、どこに何があるかは、頭のなかに入っていました。

そして小学6年生の時です。
クラブ活動とは別に週に1回だけの4年以上の縦割りでのクラブ活動という時間が授業のなかにありました。

この時の私の第一希望は音楽(合唱)で、第二希望が地理だったのです。
この合唱は別なところでも書きますが、簡単に言うと、女の子だけのクラブだったのです。そしてその女の子だけのクラブに果敢に入りたかった私だったのです。

でも、ダメ、と言われました。
女の子だけのクラブに男が一人では入らない方がいい、という先生らの判断でした。男一人は嫌だろう、ということでしたが、私には全くその考えが理解できませんでした。

さて、そうして入った地理のクラブでしたが、1年間に何か作ろうということで、A4サイズに地図帳から岩手県の地図を正確に書き写したものを、縦3m横5mぐらいのベニヤ板に拡大して、ペンキで岩手県の地図を作ることになったのでした。これは面白かったでした。そしてこの時の経験が、のちにいろんな形で生かされていくのですが、これはまた思い出したら書こうと思います。そして、その完成した岩手県の地図が、今でも出身校に飾ってあるのです。
ちなみに、先の東日本大震災で、出身校のうち、中学校と高校が津波で破壊されて閉校になっています。小学校はギリギリなんとか難を逃れた感じです。

その後、中学生になって、アマチュア無線と出会います。
アマチュア無線で全国の方、全世界の方とおしゃべりができるのですが、これで、国内にある全市全郡全区の名前をほぼ覚えてしまいます。当時で全部で1200はあったと思います。今は統合されてしまって少なくなってしまっていますが。また運良く、海外と交信できた時は、今度は世界地図(これはしっかりとした世界地図の本を持ってました)に交信した都市をプロットしていきました。これも楽しかったでした。

今は残念ながら地図帳の字が細かすぎて読めませんので、そういう楽しい作業はできません。楽しかったのに。

大学受験の時には英語、数学、地理で経済学部を受験しています。
こんな3教科で文系の大学って珍しくて、私と同じ理由で岐阜から受験した人もいたほどでした。
ここでの地理の問題は論文でした。
何がテーマだったかはもう覚えていませんでしたが、父が漁業関係だったので、沿岸漁業について書いた覚えがあります。
余談ですが、この時、英語は最低ラインの20点、地理と数学でそれぞれ80点を取って、それで合格したことをあとで聞きました。

大学は経済学部商学科だったので、商業地理という科目がありました。商業的な目線での立地などですね。
例えば、病院の側に花屋が多いとかいうやつです。これはそういう目線でそれまで考えたことがありませんでしたから、授業は楽しかったでした。



さて、この地理がその後の人生にどう影響していったか。
これも数学に似ています。地理そのものがどうか、ということではなく気象の方面で影響していくのですが、これはまた別の機会にしたいです。

簡単に言うと、私は降水確率90%を誇る雨男でしたが、単なる雨男でいるのが嫌なので、大人になってから気象を勉強しました。高校生の時の地学の気象のところでは散々な点数でしたけれど、雨男を挽回しようと思って勉強した気象は楽しかったでした。
もう少し、若ければ、気象予報士の資格も取れたことでしょうが、アマチュアの世界に甘んじております。

これは、先の数学から災害時の情報発信に繋がっても行きますね。




にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2018-08-03 23:02 | 子供の頃 | Comments(0)

クラインフェルター症候群(KS:47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。化学物質過敏症(CS)もね。


by KSofNaka
プロフィールを見る