WANDERRING MAN

どうして当時、私はさまよっていたんだろう。

高校卒業(18歳)時の寄せ書きに、10年後の自分は、まだ「夢も希望もなく、たださまよっている」と書いた。

確かに、10年後、KSがわかった後だから「夢も希望もなく、たださまよっている」んだけどね。

そして、その後の10年後、結婚はしているけどね、体力的なものがあるから夢は抱けていない。

さらに10年後、50歳を前にしてKSのなんたるかを知っているからやはり「夢も希望もない」。

夢を抱けず、だから希望もない。

KSがわかった後なら、その心境は理解できるけれど、やはりなぜ、このアルバムを買った当時「夢も希望もなかった」んだろうか。

もし、もしも、改めて考えてみるならば。。。
計画ができない、自分だということ。

就活していた当時、進学と就職と、周囲が自分の考えをしっかりと持っている中で、私は、何も決められていなかった。それどころか、高校を3年間も過ごしていて、ある教科(数学)だけは高得点を叩き出しているにも関わらず、持っていた疑問、それは「勉強の仕方がわからない」だった。

そして、大学も適当に過ごして、社会人になって、この勉強の仕方がわからない、で苦しむことになる。

この時に、KSのなんたるかをもし知っていたら、きっと、この時点で人生を終えていただろうけれど。




そして、今も、この先のことを考えることができず、つまりは計画を立てることができずに、結果「夢も希望もなく、たださまよっている」ことになるんだろうな、と思う。

家族には申し訳ないとは思うけど。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2018-07-04 19:16 | 日々の事 | Comments(0)

クラインフェルター症候群(KS:47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。化学物質過敏症(CS)もね。


by KSofNaka
プロフィールを見る
更新通知を受け取る