借金

むかしは借金することは、潔しとしない考えだったから、そうねー、社会人になって何年もそれを守ってたかな。。。

あ、奨学金があった。
大学2年生の時から3年間、奨学金を貰って、それを確か11年ぐらいで完済したように思える。

その後の借金は、ローンも含めるとかなりあるが、パソコンや車、電気製品など多種だし、何台もだし。

ここのところでは、子供の学費。2人分。それが完済したのは2,3年前だった。

まぁ、そういう話をするこのブログではないので、本題に入ることにする。


体調が悪くて、身体に借金をするほどに体調を崩したことが何度かあるのだが、その後に、必ずと言っていいほど、結石が動く、がある。

例えば、2010年の秋に母が逝った。
その半年ぐらい前から、遠距離の日帰り帰省で、少しずつ体力を消耗させていて、母が逝くより先に自分が逝くんじゃないかと心配したほどに疲労した後で、母が逝った。そして2回の葬儀。特に2回目の故郷での葬儀は壮絶でしたから、体調が悪いのにむち打って、完遂しなければなりませんでしたから、終わった直後はもうヘトヘトだった。でも、そこで家内が先に倒れたものだから堪らない。さらに借金をすることになった。

そうして、そのあたりから、身体の中にも不穏な動きがあった。

以前から、時々出ては引っ込んでいた結石。
葬儀の後から半年以上、毎日血尿という事態になった。
しかも、半年後に起きたのが、あの東日本大震災。多くの友人知人を失った。故郷も相当なダメージを受けた。
私の心も傷ついた。

そして、同じ年の夏に手術、だけど失敗してその年の冬に再度手術、やっと摘出に成功した。

そして、そこから約5年間、仕事ができなくなって。。。

それこそ親の支援を受けて生活するしかなかった。


そうしてやっとのことで今の職に就くのだけれど、やっぱり最初の月は神経も使うし体力も使うから、借金までとは行かなかったけれど、相当疲労した。
そして、GWで長いこと休養したにも関わらず、GW明けに結石が動いたために緊急入院となった。

さて、今回。
資金繰りがうまくいかずに高価な薬を入手できず、10日間にわたって、命の薬を減らしながら飲んだ結果、3日後に、体調を崩し、それからの1週間は、借金をしてしまいました。
やっと薬を買えたものの、飲んでも飲んでも、まるで砂漠の砂に水が染みこむように回復しない。
日頃の3倍の量にして、なんとか最低ラインを保ってきたが、約1週間で、やっと2倍の量で折り合いがつきそうなところまで回復してきた。

そして、今、左側の結石のにぶい痛みがある。
右側に結石があるのは経過観察中だけど、左側にはレントゲンでも見えていない。でも、痛みは、結石が動いているかのような痛み、つまり鈍痛だ。

状況が状況だけに、結石が動く条件はそろっている。
動いてもおかしくない。

だから、このGW明けに結石の痛みが出るかもしれない。
なにせ、私が生きている間、結石は製造されているから。







もうひとつあった借金。
これは74歳まで払い続けるもの。あと何年、20年はないけどね。
完済が先か、完命が先か。








にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2018-05-01 22:03 | 日々の事 | Comments(0)

クラインフェルター症候群(KS:47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。化学物質過敏症(CS)もね。


by KSofNaka
プロフィールを見る