術後4年経過

 震災の年、震災の時、災害系のボランティアに所属していた私が、悶々とする中、何にもできずに歯がゆい思いをしていたのはなぜだったか。

 結石で悩まされていたから。その手術を控えていたから。

 さっき、術跡の右脇腹に痒みがあって、掻いていたんだけれど、そういやぁ、術跡に手をおけるようになったんだなぁ、と思った。

 今までは、怖くて触れもしなかったから。もう4年にもなるのに。

 そこで、今の術跡を写真に撮ってみた。
 (ちょっとピンぼけですけど)
b0339874_10433340.png
 多少ほの赤くなっているのは痒くて掻いちゃったから。

 手術直後と比べたらよくわかる。
b0339874_10534057.jpg
 そんでもって、取り出した石がこんなに大きく、尿管に絡めとられていた。
b0339874_10543883.jpg
小指の先ぐらいはある。

そして1年後。
b0339874_10565076.png
 そして1年半後。
b0339874_10590341.jpg
 三層ほどの神経を切っているので、戻らないと言われていましたが、最近、結石の動きに合わせて、なんとも言えない嫌な感じがする時があります。お医者さん曰く、そりゃ時間も経てば、復活するよ、と。

 今回の痒みもその兆候かと、いい方に取っておこうと思います。

 以上、回復途中の状況でした。

 今回の入院の様子【追記】
 リハビリの様子【随時更新】
 とうとうダウン
 開腹手術から2年経過
 ずいぶん きれいになった


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2015-12-14 11:01 | 治療 | Comments(0)

クラインフェルター症候群(KS:47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。化学物質過敏症(CS)もね。


by KSofNaka
プロフィールを見る
更新通知を受け取る