喫煙所がクリニックの出入り口にあるのってどうよぉ

子供の薬をもらいに近所のクリニックに行った。

そこに喫煙所があるのは知っていて、階段を上る前に大きく息を吸って、そのままとめて、なんとかクリニックの中で呼吸を整える。

それはできているんだ。

そして空気清浄機の前に陣取って、かなり待つことになるんだけど。

何かのタイミングで甘い匂いが。

甘い誘いのその実はタバコの臭いだったんだよね。

気づいた瞬間にマスクの中で吐いてしまって、今日はあっけなく終わってしまった。
 

マスクを取って、洗面所に駆け込んだはいいが、そこも酷いタバコの臭い。

逃げ場はなかった。

息をすると吐くので、息を止めるが限度もある。

急いで別なマスクを取り出し、サンダルウッドを鞄の中から探し出して塗って装着。
なんとか呼吸ができるほどになった。

その直後会計で呼ばれて、後は帰るだけだったからよかったけど。階段の上が最後の難関。

勘弁して欲しいクリニックだったよ。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
# by KSofNaka | 2017-12-15 12:06 | 症状(CS:化学物質過敏症) | Comments(0)

果たしてCSなのか

昨日CSの当事者会に参加して来た。

参加の方々は、ある程度、いつ、何が原因で発症しているかを自覚している。

症状は同じだが発症がいつかの記憶が私にはない。

もしかしたらCSとは違うかもしれない。

なので今までのスタンス、つまりは自分スタイルで発信していこうと思う。

自分のこと、どういう症状にどう対応してるか。

化学物質過敏症(CS)の範囲を超えるかもしれないけどね。それも、どれも、私だから。

だけど、CSは治る可能性がある。

治るという響きはいいな。KSには縁がない言葉だから。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
# by KSofNaka | 2017-12-11 18:59 | 症状(CS:化学物質過敏症) | Comments(0)

最後ではなかった

続き。。。

それにしても、不気味な。
このメールの宛先と件名を間違えて入力していたら、震災で先に行った人たちの名前が表示されて、びびったよ。

さて、先ほどのメールの後、急にトイレに出かけたくなり、意を決して行ってきたんだけどね、左足のひざ下は筋肉が硬直していて歩きにくかった。そして用を足した後、暖パンを履いて布団に潜り込んだ。

あと一時間は寝たいから。
[PR]
# by KSofNaka | 2017-12-08 05:27 | 日々の事 | Comments(0)

これが最後の記事かもしれない

今は2017年12月8日午前4時過ぎ。
今から、多分、一時時間ほど前になるのだろうか、寝てる最中に、突然、激しく足がつって目が覚めた。
別に、夜中に足がつるのは初めてではないが、今の今までのそれとは明らかに違うように思えた。
今までの回避方法を全部試してもダメだった。そして、最後の最後の手段で偶然にとった体勢が、かろうじて、私の命を永らえている気がする。
この、ほんのちょっとした、絶妙なバランスに何かしらの力が加わっただけで、またさっきのような、回避できない状態に陥ってしまうのは、なんとなくわかる。

右足をピンと伸ばした左足の下においている状態が、今私の命をかろうじて守っているのだ、多分。

そして、さっきまで、それ以外の身体をピンとまっすぐに伸ばしていないと、いけなかった。

足の筋肉が、あちらこちらでピキピキと動いて、いつでもつる体制であると私を脅してくる。

そして、それらの信号は全て、心臓に集まってきている気がする。心臓で何かが起きているのかも。心臓に何か、と言ったら、あれしかない。僧帽弁閉鎖不全だ。
25歳の時に見つかって、以降なりを潜めていて、医者からは40歳を過ぎて発症したら考えましょうと言われて、今56歳。ずいぶん長い間、生きさせてもらった。

実際に発症しているかどうかは、診察を受けないとわからない。

ただ今は、足からの僅かな信号のひとつひとつが、心臓に刺激を与えていて、もし、大きくピクリとでもしたら、それが足先に向かった信号となり、今ある絶妙なバランスを一気に崩壊させてしまうのではないかという、恐怖がある。

次にまたさっきの状態に陥ったら、自分一人でそこから抜け出せないのではないかと怖い。

今は、下半身に少しの力も加えられないが、上半身なら、少しずつなら動かせて、やっとの思いで身体を起こして、こうして記事を打っている。最悪、打っている間にこの命が消えても、いいように、メールから投稿できるように準備をして打っている。

身体を起こして気がついたのは、身体の左半身が異様に冷たい。外からの冷気が左半身を冷やしているらしい。普段なら、足には暖パンを履いて寝るのに、昨夜はそれをやっていなかった。今からでも履きたいけど、今は足を動かせない。

さて、どうしたものか。
身体は一番気温がさがるこれからの時刻までに、もう少し下がるだろうから、身体もそれにつれて下がり、冷えの範囲も広がっていくだろう。すでに、身体の三分の二は冷えてしまった。この冷気が、足をつらせている原因だと思う。
なんとか心臓を動かさなくてはいけない。いま以上に。

足から心臓に向かってくる、ピキピキという信号が、その度に心臓を痛めているのがよくわかる今回。これだけで心臓が止まるかもしれないと言う予感はする。
もし、次にさっきぐらいの規模でのつりがきたら、私の心臓は持たないだろう。
だから、最後かもしれないと思っている。

ここまで、よく生きたよ、私。

こんな面倒な身体で、よく頑張ったよ。

今ここで命が尽きたとしても、悔いはない。

いい人生だった。

いい家族に恵まれた。

最後は、いい職場に恵まれた。

私は幸せになれた。



このブログ達は残して欲しい。
また、KSで悩む人が読めるように。

私は先に行くけど、みんなくる場所に行くのだから、向こうで待つよ。

一旦、ここで投稿するよ。

ありがとう。

まだ、生きていたら、これからも宜しくね。
[PR]
# by KSofNaka | 2017-12-08 05:05 | 日々の事 | Comments(0)

なかちゃん 出来過ぎ!

今年の後半は、血糖値(HA1c)の値がうなぎ登りで急上昇し、ついに9.2という至上最高値を記録してしまいました。

いろいろと原因をさぐりました。
これは、別な記事に書いてありますので、そちらの記事 をご覧下さい。
原因追及をきちんと行い、本当に苦労して対応していきました。

そうして、先月の検査では9.2を8.0まで落とすことに成功し、今回は、なんとさらに数値を下げて7.0ですよ。

お医者さんに、これは一度に下げすぎです。

こんなに急に落とした人は診たことがありません、とまで言わせました。

これに伴って、他の肝機能など一緒に悪かった値も正常値近くまで下げることができました。

ま、それでも7ですよ。

途中、午前中に低血糖を起こした日が続いたために、ひとつ薬を減らしました。
この薬は、以前に肝機能障害を起こしていたのですが、糖尿病に有効ということで追加していた薬でしたけど。やはり私には合わなかったんですね。

もう一声、6台が理想値ですよねぇ、って言われながら帰宅しました。

8.0に落とした翌月は、故郷からリンゴが届いたりして、結構パクパク食べちゃったから、リバウンドしちゃうんじゃないかなと心配はしていたのです。だから今月の7.0はある意味、想定外でしたね。こんなにいい数値をたたき出すとは思ってもみませんでした。

あとは、年末年始ですかね。

ここでどれぐらい数値を上げてしまうか。

年明け早々の検査でもし、7.0以下になれば本物ですよ。

そして、この6台になると、今度は、あれが待ち受けているってわけですよ。

歯。

抜歯ですね。

これが、私には憂鬱なんだなぁ。



にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
# by KSofNaka | 2017-11-30 16:44 | 治療 | Comments(0)

クラインフェルター症候群(KS:47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。化学物質過敏症(CS)もね。


by KSofNaka
プロフィールを見る