クラインフェルターな日々 0

ksofnaka.exblog.jp

クラインフェルター症候群(47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。 @ikiru2hint

3年以上も前に、ちょっとした自分のプライドの問題で、マウスを投げつけてしまい、大事なノートパソコンのディスプレイの半分以上を、アタック25の取った升目のように見えなくしてしまった。落ち込みました。なんとか復活を願って、でも高価なんだな修理代が。
そんなとき、Yahooオークションで修理も含めた商売があるのを知り、それでも高価なんだけど、オークションに手を出すリスクや、見ず知らずのところに大事なパソコンを送るリスクやらなにやらで、ずーっと放っておいたもの。
昨年の手術入院でかかった費用の戻りがあったのをきっかけに、やっと(とうとう)修理することに。一気に手続き(落札)して、すぐ送って、ものの1週間で治ってきました。

 長かったなぁ、ここまでの道のり。痛かったなぁ、パソコンも、私も。
最近マウスを投げつけるようなことは、ずいぶん少なくなった。
子供からのちょっとした指摘に腹を立ててしまった結果。少しは私も大人になったのかも。
最近読んだ本の中で年老いたお父さんが「ちいさな壊れそうなおしめで丸くなった子供を一度抱いたら、もうどんなことも許せてしまう」って書いてあった。自分に欠けているのはそこかも。
その経験からくる思いを取り戻すには、とても長い年月が必要なんだなぁ。きっと。一生かかるかもしれない。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
# by ksofnaka | 2007-04-14 05:49 | 日々の事 | Comments(0)

感情移入が強い

女房いわく、私は感情移入が一際、強いらしい。そして、そういうときに、鬱っているようだ。

①一昨年の大河ドラマの「新撰組」で、山南敬助が切腹をしたとき。

②映画「いま、会いにゆきます」を見た後。

③「新撰組」の勘定役の河合耆三郎が切腹せざるを得なかったとき。

④「よみがえり」を読んだとき?

他にもまだまだあるけれど、どうやらそういうことらしい。

そして、今回は、知人の死、と、偶然「千の風になって」が重なってしまった結果として。
さらに職場での組織変更と自分の関わり方で、非常に不安定になった。なんていうのか「自分を保てない」状態になってしまった。
こんなちょとしたことで、自分を保てないような人間が、今までよく生きてこれた、とか、これ以上無理だとか、この先も厳しいとか、いろんなことを考えてしまった。

 たまたま、NHKの番組の「仕事の流儀」で、「女金八」というのをやっていた。女版の金八先生だが、その先生が壁にぶち当たってしまって、1日だけ、学校に行けなかった日があったと告白していた。学校を見たら、戻しそうになった、って。情熱だけではダメで、技もなければやっていけない、っていう話をしていて、自分も仕事の中で『品質を上げたい』という情熱だけではダメで、何かしらの『技』も持たなければ、なんて、考えていたら、段々復調してきた。

 感情移入の入れ先、というか、いれ処(どころ)の問題なのかなぁ。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
# by ksofnaka | 2007-04-04 22:32 | 症状 | Comments(0)

何にも感じない日

 今日は、朝から「どよ~ん」とした感じで、超ローテンション(ローテーションでなくてね)でおりまして、「全く、なんにも感じない」、というか世の中を拒絶しているような、そんな気持ちでいて、とっても落ち着かなくって「嫌な」状況だったのですが。

 そう、今になってね。そこから鬱の状態に入っちゃいました。 そうしたら、気持ちが安定してきて(笑)、少なくともさっきよりも、安心した、といいますか。こんなんありなんですかねぇ。

 で、今は、体全体が疲れているような「だるさ」の中で、こうしてキーボードをたたいている自分がいて。。。。


追記:
 やっぱり、甘かった。
この後、今期、一番の↓状態にはいってしまいました。

にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
# by ksofnaka | 2007-04-03 17:18 | 症状 | Comments(0)

お腹ぁ、何ヶ月だっけ

ってね、知る人ぞ知る、っていう質問なんだけど。

 4ヶ月かなぁ。


 そんなになるかぁ。






 傷口、だいぶ小さくなってきたね。



 っていうお話でした。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
# by ksofnaka | 2007-03-28 00:09 | 症状(結石編) | Comments(0)

術前・術後

 手術から3ヶ月、おかげさまで、大分良くなってきました、というか精神面はともかく、肉体的にはほとんど回復したと言ってもいいかもしれません。
そこで、術前と術後で、どこがどう変わったかについて、書こうと思います。

①痛みがない。
 当たり前と言われそうですが、術前の体のあっちこっちの痛みが全部なくって、あれもこれも全部胆石の痛みだったんだと、改めて認識している次第。
でも、昨日早朝に、胃付近と背中に激しい痛みが数回ありました。術後初めての痛みで、胆石取ったのに、また胆石が生まれてきたんではないかと、思いました。きっと寒かったのかもしれませんが、恐怖でした。

②耳が良くなった?
 MP3プレイヤーと言っても携帯電話ですが、通勤途中に聴いている音楽のボリュームのレベルが、術前は5だったのが、今は4でも大きいかもって感じます。
でも、相変わらず、近くで話す声よりも遠くでの雑音が耳について、聞こえない、っていうのは変わっていません。

③言葉が思い出せない。
 周囲から「それは年齢の性」と言われましたが、やっぱりおかしい。
言葉を今まで聞いたことがないぐらいすっかり忘れているようで、記憶のボックスを探り当てられない、っていうのか、思い出そうとしても、その言葉の入っているところにたどり着けない。
これは、一昨年に鬱の治療で「パキシル」を服用したときの症状に酷似している。あのときは、服用をやめて1ヶ月後には、回復したけど。

④記憶力が低下した。
 一瞬前に聞いた言葉がまったく思い出せない。思い出せない程度としては③に近い。そりゃぁ今までにも少しはありましたけど、仕事への影響は大きいし、運転中の無線の運用にも顕著に現れてます。今聞いたことを反復できないのです。ICレコーダーでも常備しないといけないかもって思います。

⑤眠りが深くなった
 なんで、こんな時間に投稿しているのに、深いの? って話は置いといて、眠れたときの深さが深いというか、快眠の回数が断然多くなった、という表現が適当かな。

⑥B型になった?
 これは手術とは関係ないかもしれないのですが、余にも周囲にB型が多くて、いっつも振り回されてばかりのA型の私めでしたが、このたび少しばかりB型っぽくなったようで、いわゆる自己中心型になったようです。「いいかげんにせい」ってばかりに、一種の開き直りですかな。
ちなみに、家内からは「やさしくなくなった」と言われてしまいました。

③④については、だめもとで医者に相談してみようかと思っていますが、多くは期待できません。でも、術前・術後で劇的に変わっているので、相談してみる価値はあるかも。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
# by ksofnaka | 2007-03-07 04:51 | 症状(結石編) | Comments(0)