<   2017年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

パソコンと無線の話(電磁波過敏症にも関係するかな)

私は、中学2年生の時にアマチュア無線と出会って、今日までのかれこれ40年ほど、その趣味を続けてきています。年がバレますが。

また、大学を卒業後にIT業界に就職し、こちらもかれこれ30年ほどやったので、パソコンとは切っても切れない関係にありまして、電磁波過敏症にはなっていません。

先日、化学物質過敏症(CS)の当事者会に参加して、思い出したことがあるので、記事にします。

本来、パソコンとアマチュア無線の内容であれば、ここではなく、もうひとつのブログの記事になるのですが、今回は、電磁波に視点をあてての記事になるかな。



私が今使っているパソコンはマッキントッシュです。
デスクトップ型を使っています。
最初の頃のパソコンの購入歴を書くと、IT業界に入って最初に買ったのはハンドヘルドコンピューター(HC−20)という機種でした。
その後、パソコンというものが世の中に出てきて、最初はたしか、日立の機種だった気がしますが、少し後れてNECのVmとかVXとかいう機種が出てきます。私は仕事でその機種を使ったプログラム開発をしていた関係で、同じ機種を40万円も出して購入しました。そして少し経ってから、マッキントッシュのSE−30というディスプレイと一体型のパソコンを購入しました。それも20〜30万円ぐらいしたような気がします。金持ちでしたね、当時は。

最初にも書いていますが、アマチュア無線も継続しているんですね。
アマチュア無線では、交信した記録を取るのですが、当時一般的だったのはノートの紙ログでした。まだパソコンでやっている人は少なかったと思います。

そんな中、プログラマーな私は、ファイルメーカーというソフトを使って、アマチュア無線の交信記録を付けるようになります。

2種類のOSを持ったパソコンを買った、そんな無駄使いをして、ときっと誰もが思うでしょう。

なぜ、マッキントッシュを買ったか。

その話の前に、机の上がどうなっていたかを説明しますが、趣味としては、アマチュア無線の方が主流だったのです。ま、当然と言えば当然です。だって、当時はまだインターネットはありません。インターネットという言葉が出るのはまだまだずっと先のことでしたから。

そしてインターネットが出る前に世界中を覆っていたネットワークがありました。

それはアマチュア無線によるパケット網でした。
今でこそ、メールはほぼ瞬時に世界中を駆け巡りますが、当時のアマチュア無線でのパケット網では、ま、一日あれば地球を一周するぐらいの性能でした。それでも凄いと思うのですが。

そして、そのパケット通信するのにパソコンを使っていて、記憶がおぼろげですが、当時は、マッキントッシュでの接続はしていなかったか、どうだか。。。わかりませんが、少なくとも私は、NECのパソコンを使ってそれを実現しようとしていたように思います。

机の真ん中には無線機がでーんと収まっていて、その脇に、NECのパソコンがこれも図体がでかいのですが、それでもオプションのように隣に収まっていたのでした。

実際にこの状態で運用してみて、すぐに、この状態では使えない、ということに気がつきます。

なぜか。
無線機の電源を入れて、パソコンの電源を入れると、無線機にノイズが入るのです。
原因は明らかでした。パソコンからのノイズを無線機が拾ったのです。

いいですか。
無線機とパソコンを使わないとできない趣味なはずなのに、同時に電源をいれると無線機が使えなくなります。

これには困りました。

でも、その問題は、マッキントッシュと買うことで解決しました。

そうです。マッキントッシュはシールドがきちんとされていて、無線機の隣に置いていても、無線機にノイズは入らなかった、ということです。

さて、そろそろお気づきのことと思いますが、マッキントッシュの方はもしかしたら、電磁波の量が少ないんじゃないのかな、という話です。
今も、マッキントッシュでないパソコンを立ち上げると、無線機にノイズが入るので、かなり離れたところにおいて使っていますけれど、当然、不便です。
だから、マッキントッシュを今使っている、という理由のひとつになるわけですよ。


さてさて。
私は、災害系のボランティアもやっていたり、無線機を使って帰宅困難者になっても帰宅できるようにと、都心に出かける時には必ず携帯用の無線機を持って出かけます。

2011年の東日本大震災の時も、この携帯用の無線機を持って行っていて、充電が不十分だったというおまけはあるものの、夜間、オフィスから無線で、周囲との通信を試みたのですが、全く使い物になりませんでした。

もうみなさんならわかりますよね。

私がIT業界に勤めていたわけですから、何が原因で通信ができなかったか。

そうです。オフィスに人数分あるノート型パソコンを含む100台近いパソコンによって、無線機にノイズがのってしまって通信ができなかった、ということです。

つまりは、経験談的に、マッキントッシュタイプでなかったオフィスのパソコンでは、シールドがしっかりしていない可能性があって、電源が入っているとノイズの発生源になっていたということです。これは何も無線機だけが影響を受けるわけではありません。きっと、AMラジオにも影響があって、情報を入手したいような災害時に支障を来すことになるのでは、という話です。
もちろん、普段の電磁波過敏症の方にもなんらかの影響を及ぼしている可能性があるのではないか、と思っているということですかね。

さて、どうすればいいんでしょうかね。
シールドをしっかりとしてアースにつないであげれば、かなり効果があるのではないかとは思いますが、実験してみたことはありません。

ま、何かのヒントになれば。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2017-12-24 21:11 | 症状(CS:化学物質過敏症) | Comments(0)

帰ってくるな

とは言わないが、凄くタバコ臭いやつが帰宅した。

さっき、ここんところの臭いによる事件の終結宣言をしたばかりだったのにぃ。

そして、臭い消しのつもりでリセッシュされて、今は、リセッシュとタバコの臭いの混合ガスで、吐き気がひどくて、今日はもう終わった。

急遽、サンダルウッドを付けたマスクをつけた。

今までは、それでなんとか凌げていたんだけれど、結局、臭いの上塗りはできないな、と思った。

一見、回避できたように見えて、頭痛と吐き気は酷くなっていったから。



ところで。。。
帰宅した、家内が落ち込んでるのもつらい。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2017-12-20 23:26 | 症状(CS:化学物質過敏症) | Comments(0)

気のせいなんじゃないの?

今週は、週初めに駅のホームで「天ぷらそばの臭い」でKOされ、今日は、病院のエントランスでタバコに臭いでKOされて。

もう、外に出れば、いえ、家の中にいても、臭いというものにさらされて、私の身体は、さまざまなものに反応しているわけですが。

「気のせいでない?」

っても言われる。

他のことが原因なんでないの? とかも言われる。

ま、そうかもしれないけれど、トリガーになっているのは、強烈な臭いであることは間違いない。

しかし、こう立て続けに、ちょっとしたことでKO(ノックアウト)されると、自分でも、気のせいなんじゃないのか、と自分を疑いそうになって、精神的によろしくない。

すでにKSで、自分はちゃんとした人間でない、あたりのものは経験しているから、こんなことで、そういったことで落ち込むことはないけれど、面倒な身体だし、これから生きていくのが辛いな、と涙も出るってものよ。











ちょっと、泣いてもいい?


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2017-12-15 20:35 | 症状(CS:化学物質過敏症) | Comments(0)

取り組んでいること、取り組んでくれていること

化学物質過敏症(CS)だからということではなしに、我が家で取り組んでいること。。。
思いついたら、追記します。

殺虫剤)
・私がダメなので使うときには、私は隔離される。

漂白剤)
・私がダメなので使うときには、私が外出中で、帰っても臭わないぐらいの時間をおいてくれる。

洗濯洗剤)
・臭いがないものを選らんで購入してくれている。「無臭」というより、実際に臭いがないものを。

周辺からの臭い)
・部屋の中に臭わない場所に机を移動させてくれた。臭わなくなったけど、ちょっと足下がさむい。

挽肉)
・極力使わない。肉の塊を買ったりして、調理するときに、フードプロセッサーで細かくする。

野菜)
・私が、私の故郷で作っている野菜を仕入れたりする。故郷の親戚から自宅で作った野菜を送ってくれるときもある。

魚)
・一度何かがあった種類は避ける。

調味料)
・スプーンが書いてある白い砂糖は使わない。
・砂糖は調理では使わず、材料にある甘みで作っている家内。私は少し使う。
・みりんは使ったことがない。冷蔵庫で見たことがない。

洗濯干し)
・極力室内で。最近は、子供がやってくれる。

シャンプー)
・私は牛乳石けんに落ち着いた。身体もこれで洗う。頭部白癬は牛乳石けんの使用で治癒した。
・臭いが強いものは使わないでいてくれる。

電源)
・テーブルタップのほとんどが個々のスイッチ付きになっている。電気代も下がるし、こまめに入り切りという習慣も身につく。

<職場にて>
・ハンドクリームや、臭いがあるものを使うときに、使うよー、大丈夫? などと聞いてくれる。
・喫煙愛好家はいるが、喫煙後の打合せのときなどでも、一定の距離をおかせてくれる。


[PR]
by KSofNaka | 2017-12-15 20:20 | 症状(CS:化学物質過敏症) | Comments(0)

天ぷら事件

先日の駅のホームでの天ぷら事件があると、出かけた先に越えられない厚い壁があるような気がして、滅入る。

毎回バイクで出かける訳にも行かないしね。

なんとか克服したいところ。

最近、家の中での粉末のカツオ出汁に反応したり、冷凍食品を温めた時の匂いに反応したり、きっと、今まではなんともなかったところに反応する身体になっちゃったってことなんだろう。

そして、そういう忍び寄る物の為に、どうやって生き続けるかを考えなきゃ。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2017-12-15 12:09 | 症状(CS:化学物質過敏症) | Comments(0)

喫煙所がクリニックの出入り口にあるのってどうよぉ

子供の薬をもらいに近所のクリニックに行った。

そこに喫煙所があるのは知っていて、階段を上る前に大きく息を吸って、そのままとめて、なんとかクリニックの中で呼吸を整える。

それはできているんだ。

そして空気清浄機の前に陣取って、かなり待つことになるんだけど。

何かのタイミングで甘い匂いが。

甘い誘いのその実はタバコの臭いだったんだよね。

気づいた瞬間にマスクの中で吐いてしまって、今日はあっけなく終わってしまった。
 

マスクを取って、洗面所に駆け込んだはいいが、そこも酷いタバコの臭い。

逃げ場はなかった。

息をすると吐くので、息を止めるが限度もある。

急いで別なマスクを取り出し、サンダルウッドを鞄の中から探し出して塗って装着。
なんとか呼吸ができるほどになった。

その直後会計で呼ばれて、後は帰るだけだったからよかったけど。階段の上が最後の難関。

勘弁して欲しいクリニックだったよ。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2017-12-15 12:06 | 症状(CS:化学物質過敏症) | Comments(0)

果たしてCSなのか

昨日CSの当事者会に参加して来た。

参加の方々は、ある程度、いつ、何が原因で発症しているかを自覚している。

症状は同じだが発症がいつかの記憶が私にはない。

もしかしたらCSとは違うかもしれない。

なので今までのスタンス、つまりは自分スタイルで発信していこうと思う。

自分のこと、どういう症状にどう対応してるか。

化学物質過敏症(CS)の範囲を超えるかもしれないけどね。それも、どれも、私だから。

だけど、CSは治る可能性がある。

治るという響きはいいな。KSには縁がない言葉だから。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2017-12-11 18:59 | 症状(CS:化学物質過敏症) | Comments(0)

最後ではなかった

続き。。。

それにしても、不気味な。
このメールの宛先と件名を間違えて入力していたら、震災で先に行った人たちの名前が表示されて、びびったよ。

さて、先ほどのメールの後、急にトイレに出かけたくなり、意を決して行ってきたんだけどね、左足のひざ下は筋肉が硬直していて歩きにくかった。そして用を足した後、暖パンを履いて布団に潜り込んだ。

あと一時間は寝たいから。
[PR]
by KSofNaka | 2017-12-08 05:27 | 日々の事 | Comments(0)

これが最後の記事かもしれない

今は2017年12月8日午前4時過ぎ。
今から、多分、一時時間ほど前になるのだろうか、寝てる最中に、突然、激しく足がつって目が覚めた。
別に、夜中に足がつるのは初めてではないが、今の今までのそれとは明らかに違うように思えた。
今までの回避方法を全部試してもダメだった。そして、最後の最後の手段で偶然にとった体勢が、かろうじて、私の命を永らえている気がする。
この、ほんのちょっとした、絶妙なバランスに何かしらの力が加わっただけで、またさっきのような、回避できない状態に陥ってしまうのは、なんとなくわかる。

右足をピンと伸ばした左足の下においている状態が、今私の命をかろうじて守っているのだ、多分。

そして、さっきまで、それ以外の身体をピンとまっすぐに伸ばしていないと、いけなかった。

足の筋肉が、あちらこちらでピキピキと動いて、いつでもつる体制であると私を脅してくる。

そして、それらの信号は全て、心臓に集まってきている気がする。心臓で何かが起きているのかも。心臓に何か、と言ったら、あれしかない。僧帽弁閉鎖不全だ。
25歳の時に見つかって、以降なりを潜めていて、医者からは40歳を過ぎて発症したら考えましょうと言われて、今56歳。ずいぶん長い間、生きさせてもらった。

実際に発症しているかどうかは、診察を受けないとわからない。

ただ今は、足からの僅かな信号のひとつひとつが、心臓に刺激を与えていて、もし、大きくピクリとでもしたら、それが足先に向かった信号となり、今ある絶妙なバランスを一気に崩壊させてしまうのではないかという、恐怖がある。

次にまたさっきの状態に陥ったら、自分一人でそこから抜け出せないのではないかと怖い。

今は、下半身に少しの力も加えられないが、上半身なら、少しずつなら動かせて、やっとの思いで身体を起こして、こうして記事を打っている。最悪、打っている間にこの命が消えても、いいように、メールから投稿できるように準備をして打っている。

身体を起こして気がついたのは、身体の左半身が異様に冷たい。外からの冷気が左半身を冷やしているらしい。普段なら、足には暖パンを履いて寝るのに、昨夜はそれをやっていなかった。今からでも履きたいけど、今は足を動かせない。

さて、どうしたものか。
身体は一番気温がさがるこれからの時刻までに、もう少し下がるだろうから、身体もそれにつれて下がり、冷えの範囲も広がっていくだろう。すでに、身体の三分の二は冷えてしまった。この冷気が、足をつらせている原因だと思う。
なんとか心臓を動かさなくてはいけない。いま以上に。

足から心臓に向かってくる、ピキピキという信号が、その度に心臓を痛めているのがよくわかる今回。これだけで心臓が止まるかもしれないと言う予感はする。
もし、次にさっきぐらいの規模でのつりがきたら、私の心臓は持たないだろう。
だから、最後かもしれないと思っている。

ここまで、よく生きたよ、私。

こんな面倒な身体で、よく頑張ったよ。

今ここで命が尽きたとしても、悔いはない。

いい人生だった。

いい家族に恵まれた。

最後は、いい職場に恵まれた。

私は幸せになれた。



このブログ達は残して欲しい。
また、KSで悩む人が読めるように。

私は先に行くけど、みんなくる場所に行くのだから、向こうで待つよ。

一旦、ここで投稿するよ。

ありがとう。

まだ、生きていたら、これからも宜しくね。
[PR]
by KSofNaka | 2017-12-08 05:05 | 日々の事 | Comments(0)

クラインフェルター症候群(KS:47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。化学物質過敏症(CS)もね。


by KSofNaka
プロフィールを見る