<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

<NEWS><境界を生きる>性分化疾患/1 診断「100%の正答ない」

もっと人間の誕生は複雑で尊厳のあるものだと思います。
「わからなかったら女にしておけ」とかいういい加減な世界ではないんです。そのいい加減さで今まで幾人の不幸な人々がこの世に出てきたか。

性別なんて、二十歳前までに決まればいいんでないかい。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by ksofnaka | 2009-09-30 23:51 | 思い | Comments(0)

ゆれるとこ

 立川の改札を出て左に曲がって、ちょうどグランディオの入り口あたりに差し掛かると、決まって体を平行に保てなくなります。
時には、何かにつかまらないと、倒れそうになってしまいます。なぜかは、わかりません。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by ksofnaka | 2009-09-29 21:40 | 日々の事 | Comments(0)

ストレス

 夕方帰宅途中、突然それが起った。

動悸と、脈拍がいきなり多くなった。帰宅しても早いままが続いたので、横になった。そのうちに眠ったらしい。

動悸は残っているものの、脈拍は正常にもどったように思える。

ちょっと不整脈っぽくも感じるが、こういうときには、脈をとって、本当に抜けているかどうか確認すればよい、と以前お医者さんに教えてもらっていた。でも、脈自体がなかなか計れない。
なかなか計れないものだ。

ストレスなのか、不整脈そのものなのかの判断は、素人ではできないもんですね。

でも、たぶん、ストレス。

やっと体が、症状として出してくれたんだと思う。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by ksofnaka | 2009-09-22 23:06 | 日々の事 | Comments(0)

異常あり

 2ヶ月ごとの定期検査でやっと異常値が出ました。

 9月初めに体調が悪かった、医者に「命持って行かれるほど」って言って、半分あきれられたあのときの検査結果だ。

異常あり、は、私にはうれしい言葉だ。

なぜって、具合悪いときに、検査しても悪い結果が出ないから。

具合が悪いときに、異常って出たら、こんなにうれしいことはないよ。


へんかな。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by ksofnaka | 2009-09-16 18:44 | 症状 | Comments(0)

こんな日の、この時刻は嫌だ

 会社に電話して、この日の用事は、みんな他の人にふったけど。。。

また、迷惑をかけた、という気持ちと、いや、こういう日も経験してもらって、不在時(一人に任せるな)の対策も考えて欲しい、という気持ちと、それ以外に、外から入ってくる音と、今日やらなければいけない通院や、お役所の用事とかなど。すべて、やることが憂鬱。

あれもできる、これもできる、でも、できない状態の自分と、これからのこととか。。。

ここに来る方がこれをみて、どう思うか、とか、たまたま訪れた方の思いとかまで、考えてしまう変に異様に不健康な自分の気持ち。

歩く話に始まって、夢の話、体温の話、ハイになってすぐ落ちていくような、そんなことを、つらつらとだらだらと書いている。書かなければ、だれも気がつかないのに、書いて、バランスをとろうとしている自分がいる。
でもって、非公開にでもすればいいものを、公開扱いにしたりして。。。

良くない。これは良くない。。。。。













ちょっと熱があるけど、午後は、外に出よう。

もしかしたら、気のせいだって思えるかもしれないし。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by ksofnaka | 2009-09-16 12:08 | 日々の事 | Comments(0)

低体温

 昨夜、ちょっと蒸し暑かったので、ここのところ止めていた夜間のクーラーを1時間のタイマー付きで仕掛けて寝ました。

朝方、寒くて目が覚めましたが、体が動きません。
やっとのことで、体温を測りましたが、電子体温計の測定範囲外。34.8でフリッカーしています。つまり、体温計では計れない、この温度よりも低いってことでした。

今朝は、会議があるので休めないし、遅刻もしたくなかったんですが、こうなると、もうどうにもできません。
風呂に入って急激に上げようとすると、かえって体がだるくなって、その日は終わりになります。
徐々に少しずつ上げて行くしかありません。

たとえ、こういう状態で外に出ても、足の関節がうまく動かなくなったりして、通勤途中で歩けなくなることもあって、無理な外出は難しい結果を招くことにもつながります。

とりあえず、たくさん布団をかけてもらって、2時間半。やっと、すこし、暖かくなりました。今度は、体温計が反応します。

体温は、36.7度。普通の人なら微熱ですが、平熱が低い私には、かなり高い体温です。低体温の反動なのでしょうか。頭痛も出ていて、結局は、休まざるを得ない状況になりました。

まぁ、今日は、午後通院する予定があって、早退しなければいけなかったので、遅れて出社してもすぐ帰らなければいけなくなるので、いいのかもしれません。

PS.12時前には、37度にまであがりました。なんか別なことが起きている?


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by ksofnaka | 2009-09-16 10:31 | 症状 | Comments(0)

ふしぎな発散方法らしい

mixiや、ブログ、skype、無線にとどまらず、アメブロというものにまで手を出して、片っ端からとは言いませんが、気軽に声をかけておしゃべりしてます。
本当に、すきなんですよね、知らない人とのおしゃべりが。

家族全員が、アメブロやっていますが、子供たちが、心配して、家内に、報告(密告)しにきたそうです。

「なかちゃんが、知らない人と、いっぱいおしゃべりしている。大丈夫なのかな」って。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by ksofnaka | 2009-09-10 00:35 | 症状 | Comments(0)

まるで、借金しているようなもの

 最近の疲労具合について、家内からの一言です。

 体力「ZERO」なのに、使い方が悪くて、まるで、借金しているようなもの・・・。













 我が家の家計もかも。


 なんかヤクルトもそう(借金生活)らしい。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by ksofnaka | 2009-09-06 23:20 | 症状 | Comments(0)

ところで、どうなって欲しいの?

ここのところの疲れの引かなさを、だめもとで医者に託すことにして、掛かりつけの病院にいってきた。

まずは、何しに来たの、みたいな医者の目。

医者:今日はどうしました?
なか:体がだるいし、疲れがとれないんです。
医者:それは原因はわかっているの?
なか:まぁ、簡単に言えば無理をした、ということですかね。疲れが取れないままに緊張状態が長く続いた、ということですね。
医者:どれくらい前から?
なか:今回はまだ1週間ぐらいですかね。
医者:いつもはどうなの?
なか:前回は、もうちょっと長かったですね。
          :
医者:検査結果は?   ・・・ まぁ、悪くはないわなぁ。 ・・・
なか:そうなんですよ。いつも、結果は悪いわけではないし、病名も付けられるわけでもなく。でも、今年のやつは、なんか命を持っていかれるような疲れなんですよ。
医者:それはひどいね。(まるで、大げさだと言わんばかりに)
なか:でも、会社にも報告しないといけないし。
医者:アリバイみたいなね。
なか:(アリバイかよぉ)
          :
医者:で、ところで、どうなって欲しいの?
なか:えっ?   (だからね、疲れがさぁ・・・)
          :
なか:例えば、この体が少しでも早く復旧するような・・・
          ;
医者:昔から、疲れたら休むしかないんでないの? そうやって復旧していく。
なか:(なんだそれ、それはここに来ないでさっさと寝てろっていうことかい)。でも、なんかほら、元気になるような、って話すと、ノリピーの話題になりますが。
医者:そうだね。そういうわけにもいかないしなぁ。
医者:そういう薬があったら、私が欲しい。
なか:(なんだ、この医者)
          :
医者:まぁ、近々検査するようだから、今日やっていってもらってもいいよ。
なか:えー、まぁ、そうします。

って、なんか変だよね、この医者。


最近、こういう医者が増えていませんか?

先日も、整形外科に行って、いろいろとレントゲンを撮って調べて異常が無かったんだけど、その後、リハビリね、とか言って、リハビリ室に連れて行かれたあと、そこの治療士さんの一言。

「さて、どうやって治しますか?」

それを、俺に聞いてどうすんのさぁ、あんたらが決めるんだろうがぁ。

なんか、だんだん、行ける医者が少なくなってしまいます。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by ksofnaka | 2009-09-04 00:57 | 思い | Comments(0)

クラインフェルター症候群(KS:47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。化学物質過敏症(CS)もね。


by KSofNaka
プロフィールを見る