クラインフェルターな日々 0

ksofnaka.exblog.jp

クラインフェルター症候群(47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。 @ikiru2hint

カテゴリ:思い( 110 )

LGBTについて

つい10年前までは毛嫌いしていた。
でもクラインフェルター症候群(KS)のなんたるかを知った時に、それを毛嫌いや否定するは自分の存在を危うくするな、ってことがわかってからは考えが変わった。
 
KSはもっと複雑。
私の場合は、身体も心も性が中間だから。
男女という考え方での組み合わせは2の階乗になるけど、KSはそれ以上の組み合わせで、もうわけがわからん世界。
しかも性が固定しない、揺らぐから。
 
その後、LGBTの友達が増えた、勉強もした。
でも、もういい。
 
KSはこれ以外にも病気、という取り組まなければならないから。今は、そっちが優先。命が関わるから。
いやいや、病気と名がつくものだけじゃない。軽い症状が増えても来ている。年齢とともに、優先するものがでてきて、考えることも狭まってきた。
 
体力があれば、少し余裕があれば、バイクで遠出してとか、ボランティアにも出かけてとか、食べたいものを食べてとか、旅行にも行ってとか、バリバリ働いてとか。。。

私はないものねだりをしているのでしょうか。
 
ただ【ふつう】に生きてみたいだけなんだよね。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2017-11-08 12:07 | 思い | Comments(0)
スイスのKSの記事がネットで出て、それに対する批判のようなコメントに反応してしまった。

最初は、記事を読まずにそのコメントにレスをしたんだ。
なんかね、似たものを感じたのよね。そのスイスの方。

それで改めて、記事をきちんと読んだら、やはりKSの人だった。
KSとわかったときに医者から

「あなたはミュータントだ。子どもも持てないし普通の人生も送れないだろう」

と言われる。

あー、私も似たようなことを言われた。そして30年も引きずったっけ。
読んでいてね、また自分が言われたことのことを思い出して、夏には、もうこの件は終わりにした、と思っていたけれど、忘れられないよね、その時のことは。

ショックで。

公園に一週間通って、ベンチで一日中ぼんやりして過ごしたっけ。

スイスのKSの方も、まだ復旧していないんだろうな、ということが記事からよくわかる。
そんな中で、自分の中で生きていくために折り合いをつけようとして、自分の中には男も女もある、という表現をしているんだが、私の回りのKSの中にも同じようなことを言う人がいる。私自身もそうだけど。

または、自分の性を「自分」と置き換えている人もいる。私もかつてはそうだった。

それは性自認に揺らぎがあっても、揺らいでいることを意識しないように、揺らいでいる自分の状態を自分だと言っていることで、実際には、男女のはざまの中を漂っている状態ではある。

私も、自分の中には男も女もあるよ。
それを、就職の際に、男の良いところも女の良いところもあるとポジティブに言い切ったりもしている。

スイスの方の記事の原文はわからないから、本当のところはわからないけれど、つまりは、インターセックスを強調しようとしたのが誰の仕業なのかというところなんだけどね。そもそもKSはインターセックスではあるけれど、どこかインターセックスとは区別された世界にあるような気もして。確かにインターセックスが全面にくるとこの記事は違和感を感じる。すなおに、クラインフェルター症候群を出せば、何の問題もないような気がするんだな。

でも、その記事についたコメントが、KSを否定しているように見えてしまったから、そして、このスイスのKSの人と私を重ねてしまったから。
そうしたら、自分を否定されたような気がして、大きく動揺してしまった今回。


私は、DSDは知らなくてもいいと思った。KSだけでいい。他の人のことはどうでもいい。KSだけを考えていたいと思う。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2017-09-10 22:26 | 思い | Comments(0)

GIDとの違いを知らされる

GIDの中でもMtFさんと、私のクラインフェルター症候群(KS)との違いを痛切に感じる最近。

そんなことは百も承知なんだけれど、なんていうか、MからFへ移動していくのを見送る感じ、取り残される感じと言うんでしょうか。

MからFへの途中で、KSの状態をちょっとだけ通過するんですよね。

で、その時に、あー共感する、というような状態があって。

でも、それはKSの勘違いなんですよね、きっと。

そしていずれ訪れる、明らかな違いを痛切に見せつけられる日。

それが、MtFさんの「完了」宣言ですね。


いいなぁ、って思うんです。

完了できるっていいなぁ、と。

残念ながら、もう手の届かない遠くに行ってしまった感じですね。

まぁ、ある意味、寂しさですかね。



にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2017-03-30 23:09 | 思い | Comments(0)
ある映画で、事故で運ばれたヒロインが、轢いた人に向かって言う台詞。

なんでもしますから、という言葉の後でこういうんだ。

「今度は(こんな中途半端じゃなくて)ちゃんと轢いてくれない?」って。


これ、とても重いんだよね。

つまりは、殺してくれ、って言っているんだから。


KSの人の中には、死にたいと思っている人が少なからずいる。

自分で死を選んでチャレンジする人もでてくるんだけれど、だいたい失敗している。

そこまでしなくても、なんとかして死んでしまいたいと思っている人はいる。

でも、自分ではなかなか死ねないもの。

変な話だけれど死ぬにも勇気がいるんだ。

自殺をする方法について書かれた本もでているようだけれど、失敗したときの苦しみもあって、本当に、楽に死ぬことは難しいようだ。


だから、中には、犯罪に巻き込まれたり、災害に巻き込まれたりして死ねないかと考える。


なんでみんな死にたがるのか。

それぐらい将来に夢も希望もないから、だよね。

そして、今、生きていくのが大変だから。


医者は、KSを勉強しない。
KSのなんたるかを説明しても、お金はこっちが払う。
KSには男性ホルモン、って馬鹿の一つ覚えみたいにまくし立てたり、持論を展開したりして、患者を診てくれない。
検査結果に異常がないのに休めとは書けない、という医者の診断。

そんな医者たちが出す診断書を社会が信じる。
なまけ病なんじゃないの、気のせいじゃないの、病は気からっていうよ。。。

そんな風に社会から見られて。。。


生きていくのは大変です。

でもね、死ぬのもね。

なんかさ。
























そうも思うんだよ。





にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2017-02-18 11:40 | 思い | Comments(0)

一歩進むために

先月の半ば頃だったか、ここんところの行き詰まり感をなんとかしたくて。

ちょっと冒険というか挑戦というかチャレンジをして、あるところに応募した。

すぐに返事があって会うことになった。

実際に会ってみて、何がどうなったわけではなかったけれど、今までを振り返って2時間ほど聞かれるままにしゃべり続けた。

最後の方になって、はたと気がついたことがあった。

あー、カミングアウトなんて、もうとっくに済んでいるな、って。

それは、前日から当日にかけて、話す内容を整理していたときのこと。

自分が話したい、忘れずに話すにはと考えていたことは、すべて、ここのブログに書かれていた。

今回の挑戦は、カミングアウトのようなものだったから、もうカミングアウト自体はここのブログで完了していたな、と。


そして、話をしていく中で、あー、この方々と自分は明らかに違うな、ということもわかった。

ここに登場してくるほとんどの方々は生き生きとして、もう問題はクリアしました、みたいな感じに見えてしまう。

でも、私らKS、いや、すくなくとも私は、何も解決していないし、これからの人生の中で、まだまだ多くの難問を抱えているし、今調子がよくても、先々の保証は何一つないんだな、と。

そう思ったら、急にしらけてきた。

一歩進むための場所はここではないな、と思ったわけです。

話を聞いて下さったかたや、その際に後押しをしてくれた方には申し訳ないとは思いましたけど。


でも、自分のことを曲げることもできないし、自分は自分の道を進むことしかできない、というのが、今回の挑戦でわかったことではあった。

違う道に踏み出してみて、初めてわかる自分の道、そういう意味で、今回の挑戦は無駄ではなかったとも思う。



にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2017-02-03 21:17 | 思い | Comments(0)
当事者の方が匿名(ペンネーム)でも書き込めるようにと思って作った、
をLivedoorで作成していましたが、やはり時期尚早だったようです。

年内に閉じる事にしました。

今度は、どう作ろうか。。。

ホームページ形式にでもしようかな、とかね、思っていますよ。




にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-11-17 23:35 | 思い | Comments(0)

自分の呼び方

リラックスしていて何も意識していない時は「俺」って言ってる。

でも普段は「私」。

そしていろんなところで「なかちゃん」と言う。

自分で自分を「ちゃん」づけ、する変なやつですけどね。

私の一連のブログもみな「なかちゃん」の世界ですから。

「なかちゃんワールド」「なかちゃんわーるど」「Word of Naka-chan」などですね。


むかし。。。結婚した当時、子供らになんて呼べばいいかと聞かれたので「なかちゃん」と、って答えた。

以来、家族からも、親しい友人からも「なかちゃん」と呼ばれ、時に、初対面の人からも言われるから、もう愛称として定着してるかな。


世のお父さんらのように、自分のことを「パパ」「お父さん」とか言ったことがないし、家族からも言われたことはない。

以前、兄になぜ子供らに言わせない、と言われたことがあったけど、関係ないだろうって不貞腐れた。

もっと言われたら「子育ての中で、一度たりとも失敗したことがなかったか」と言ってやろうと思う。

私はこれでいい、この立ち位置が好きなんだと。

===


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-05-24 18:23 | 思い | Comments(0)

KSに朗報な薬が現れたら

もちろん、全てのKSにとっての万能薬の話をしているのではなく、国内では認可されていないけど、海外では治療薬として使われている薬の話です。男性ホルモンです。

副作用が少ないと言われています。

でも国内で認可されていないために保険適用外で、1本3万円もする。3ヶ月に1回の注射でいいらしいのだけど、かなり痛そう。エナルモンデポーを約千円として、2週に1回として計算すると3ヶ月で6回、6000円になるわけで、もちろん保険適用ですけど。保険適用されないとして3倍にしても3万にはならないわけですね。

国内でのKSへの使用例は私が知る限りにおいては1人で、先日知り合ったKSの方のみになります。

ま、値段はともかく。。。

自身を含めた私が知っているKSの43人の中で、男性ホルモンを補充している人は13人、女性ホルモンを摂取している人は9人。残りの人は不明。男性ホルモンを補充している人の中で何人が副作用で苦しんでいるかは、さすがにデータとして持ち合わせていませんが、痒かったり、頭痛だったり、吐き気がしたりしながらでも必要だから補充しているのが現状です。ただし、それが補充によるものかどうかは正直なところ根拠がないのでわかりませんが、実体験では補充によるものと言えます。

この副作用が3万の薬で解決したら、飛びつきたいですよね。

でも、経済的に困窮している人もいて、そうなると難しくなります。最もそういうケースでは何であっても難しくなってしまいますけど。

そして、もう一つ。

女性ホルモンを摂取している人にとってはどうか、という話。特に、微量を摂取している私のようなケースの場合にどうか、ということなんです。

沢山摂取している方は、女性方向を希望している方だと思うので、副作用が少ないからっていう理由で乗り換えることはないと思うんです。

私。

正直なところ、今の状態にいるのがいいから、乗り換えはしないと思うのですね。

んーん、わからないけど。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-05-24 00:40 | 思い | Comments(0)

ボーダーライン

何の?

それは敢えて言うなら、社会のですかね。

最近仕事がら、耳に入って来る情報を並べてみると、いかに私の状況が、社会のボーダーラインにいるな、ということがわかる。

もちろん、口には出せませんよ。そんな。

まさか、そんな人が、たまたまこっち側にいるから、こういう仕事をしているなんて口が裂けても言えません。


ところで、そう言えば、私は【(性の)境界を生きる】人だったな、ということを思い出した。

とことんボーダーラインを生きているんだな、と。

でも、だから、だからやることがあるんだとも思っているんです。

きっと誰かのためになるものを、持っているんだと。

でないと、生きていけませんよ。

崩壊しちゃいます。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-05-16 22:03 | 思い | Comments(0)

春近し

今までの人生の中で就職をしてから現在に至るまでで、何回か仕事をしていない時間がある。

1983年就職。
1997年の最初の3ヶ月間、後半の3ヶ月間。
2004年の2ヶ月間。
2012年の最初の1ヶ月半、そして6ヶ月間。
2013年の7ヶ月半。
2014年からの13ヶ月。(途中アルバイトが12ヶ月あったけど)

年齢とともに、次の就職に時間がかかっているのがわかるし、いろいろと不具合があって、そうなってきていて、仕方がないんだ、というのもわかるけど。

けど。

ずいぶんと時間がかかったなぁ、迷惑をかけたなぁ。

もちろん、まだまだ迷惑をかけ通しだけどね。

そんな中で、やはり、いろいろとやらないできていることもある。

趣味の方、やらないでいると意欲もなくなってしまう。
でも、趣味もしっかりとした生活の基盤がなくては楽しくない、っていうのはある。

様々な活動もそう。

やりたくてもやっちゃいけないんじゃないか、っていう葛藤があってできていない、今は時期じゃない、っていって、延ばし延ばしになっているものも多い。

分相応ということもある。

随分といろんなものを廃棄したり、辞めたり、削ったりした。
でも、まだ押入れにはたんまりあるんじゃないの、ってツッコミもありそうだけど。

2010年頃までは、体調が悪いなりに、なんとか仕事もやっていたから、趣味もやってたし、活動もしてたし。それが当たり前だと思っていた。だから発言にも強気なものも多くて、失敗もした。

でも、一気に懐具合が悪くなったら。。。

やっぱりできませんよ。

4月から仕事ができるようになって。
いろいろと厳しいものはついてくるけれど、今までできなかったこともできるようになるのかな、って。

そんな春です。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-03-29 11:43 | 思い | Comments(0)