クラインフェルターな日々 0

ksofnaka.exblog.jp

クラインフェルター症候群(47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。 @ikiru2hint

カテゴリ:症状( 128 )

今日は糖尿病を中心とした定期診療の日。

先日の血液検査結果を聞いてきました。

栄養は十分。血圧はちょっと低いけど大丈夫。血糖値は高いけど。。。まぁ、これはまぁね。

体重も変わらない。肝機能障害も前回と比べたらはるかに良くなっている。

血液も問題ない。

んーんー? ヘモグロビンa1cがえらい高いね。

あー、今までで一番高いんでない?

クスリは飲んでいる? 毎日。 飲んでいるかー。

んじゃ、なんでこんなに高いんだろう。

身体がだるいのね。

でも、血糖値が高いだけじゃだるくはならないな。肝機能もいいしね。



で、帰宅してからちょっとグラフにしてみた。

b0339874_11144531.png
最初の山は、仕事が無くなって、次の仕事が決まるまでの間だ。ストレスだろうか。
次の山は、やはり仕事が終わって次の仕事が決まるまでの間だ。これもストレスだろうか。
そして、最近の。ちょっと下がったのは除いて見ると、仕事が始まってから少しずつだけど、高くなっている。

今回のは、思い当たるふしがある。飲み物を多くした結果として、甘いものの飲み物が多かった性だなと。

このままだとちとやばいからな。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2017-02-18 11:25 | 症状 | Comments(0)

ゆがみの中を通る

ほぼ必ずといっていいほど、おきる場所がある。

それは自宅の最寄り駅のコンコース。

歩いていると、めまいをおこしたようになる。

めがねをかけていれば、体調の状況で目がめがねの端っこを見てしまうために、ゆがんで見えてめまいの症状になるっていうことも考えられるけれど、今日はめがねはかけていない。

だから、私にとっては、あまり好きじゃない場所、ということになるな。


そういえば、左右の耳に、ほんのちょっとだけ音がずれて届くような場所もその近くにある。

まるで空間のゆがみを身体が通過しているかのようなそんな感じ。


最近、疲れているみたいだから、その性かもしれないんだけどね。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2017-02-05 21:21 | 症状 | Comments(0)
18日に血液検査をした結果を見せてもらった。

やっぱり。

血糖値が高かったのは仕方がないとしてだ、Ha1cが、2012年秋以来の高い値。
薬が増量されて、飲む間隔が狭まりました。

やはり当時のブログにも書かれている「今日はかなり凹みましたぁ」。

清涼飲料水を摂り過ぎているかもしれない、昨日のブログにも書いたように、果物が増えたこと、夕飯の摂り方に問題があるのか。それと、やっぱり疲れているんだろうな。

肝機能障害的には、2013年秋までと同じぐらいの高い値。

この当時は精神的に追いつめられていて「弱音を吐いても あきらめない んだったね」なんて記事があったり。
ボランティア先で救急搬送されたのは、この直後だったし。

血液自体の検査の値が低いのは、中学2年の時からずっとだから。女性の範囲内には収まっているから。これはいいんだよこれで。

さて、検査結果を載せておきます。
b0339874_11071058.png


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-11-26 11:07 | 症状 | Comments(0)

自食症

子どもの頃は指を舐めていると、よく親に叱られた。

その後、指を舐めていると、指の皮膚がふやけてしまって、皮が剥けることがあった。

ふやけている部分は、皮を剥いても痛みがそれほどでもないので、どんどん剥けるが、限界があって、痛みと出血があると、もうそこで止めることになる。

そして口に含んでしまうこともしばしばあった。

そんなだったのに、それが元でお腹を悪くしたとか、病気に罹りやすかったなんてことはない。本来であれば、危険な行為なのにだ。


もうひとつ、爪を噛む。

これも最初は同じ。

指を舐めていると爪が柔らかくなって、歯で噛めたりすることができるようになる。

でも、これもやはりやり過ぎで、深爪になったりして、後々まで痛みが続くはめになる。

でも、このどちらの痛みも受け入れてしまって、これぐらいの痛みでは痛くさえないと思ってしまったり、痛みが快感につながったりすることもあった。

そして、爪の方は、形がいびつになったり、指の爪がそろわなくなったりしていた。

指は、指の皮が、もう剥けれることに慣れてしまっていて、すぐに再生される。

ただ、その性で、熱いものが持てないという結果にはなってしまったり、指紋が消えてしまうといったことにもなってしまっている。

ずいぶん大人になってまでこれらは続いたけれど、何度も止めようと思ってチャレンジしたことがあったけれど、どうにもならなかった。

でも、今はやらない。

なぜ止められたのか。

それは歯が悪くなったから。

もちろん、指を使ってできなくはないけれど、歯が悪くなって前歯でそれぞれができなくなったのが一番の大きな理由。

おかげで、そのイライラからは解放されて、指の先もきれいになった。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-10-10 14:32 | 症状 | Comments(0)
今回のことはまだ終わっていませんが、一旦整理してみることにしました。

☆症状
首の左側に痛みがある。左肩も痛い。右側の上下の歯・歯茎が痛い。目の周囲が痛い。手足の筋肉に痛みがある。手の向きによっては激痛になることも。ちょっとのことで疲労骨折になりそうな手足の痛み。関節というか筋肉の痛みで両腕が上がらない時がある。めまい。心臓がバクバクした。そして何より顕著だったのが、女ホルを飲むと急激にこれらが悪化した。

☆前後
9/1がピークで9/2も酷く、9/3通院やら。夜、女ホルを飲んだ後、急激に悪化したので、周囲で女ホルを摂取している方に助けを求める。同じようなケースはないか、と。
その答えとして、時々そういう時があり、女ホルの摂取を一時的に中止する、とのこと。
9/4女ホルを停止。

☆約1年前に女ホルを摂取してからどうだったか
 10月から始って11月、4月、6月と不定期に安定しない状況があるが、もっとも顕著なのは、精神的な打撃の後に大きく体調を崩しているってことで、これは女ホルとは関係なく、いままでもあったこと。そして大きく体調を崩した後で、結石が動いているということ。ということは、今月も結石が動く可能性があるってことか。
でも、あまり規則性はないように見える。

2015年09月
・骨粗しょう症で治療が必要になる。(心身X
・男性ホルモンを試す。

2015年10月
・男性ホルモンの副作用が酷く中止に。(体X)
・女性ホルモン摂取に切り替える。(心身○)

2015年11月
・結石が出る。(体X)
・揺らぎがある。(心X

2015年12月
・精神的に安定する。(心身○
・事件があり、心身共に超不安定に陥る。(2016年1月末まで引きずる)(心身XXX
・入れ歯が壊れる。(体X)

2016年01月
・正月そうそう事件が。(心XX
・不安定の中、さらなる事件が。(心XX

2016年02月
・結石が出る。(体X)
・4月からの仕事が決まる。(心身○

2016年03月
・血圧を上げる。(体X)

2016年04月
・転職。新しい職場で働き始める。(心身○
・中旬から下旬にかけて疲れが。(体X)

2016年05月
・DSDの勉強会用の資料作成で過去に遡り、精神的に落ちる。(心XXX
・GW明けに結石で入院。(体XX

2016年06月
・隣家が解体され広い空間が現れる。(心○
・下旬、イライラが激しい。(心X

2016年07月
・隣家の建築が始り、また閉じられた世界に戻る。(心X
・家族にとって嫌なことが起きる。(心XX

2016年08月
・隣家の建築で騒音が激しい。(心XX
・嫌なことが精神的な苦痛に変わるが解決策が見いだせない。(心XX
・壊れていた下の入れ歯が入る。(体○)
・法要のため実家に日帰り帰省する。(体XXX
・過去への遡りで精神的に激しく落ちる。(心XXX
・入れ歯の身体への負担が大きい。(体XX

2016年09月
・体調を大きく崩す。(体XX

☆実は、もっと似たケースがあった
 長年勤めた派遣先の会社から契約解除を言われ、その後、同じ派遣先に戻った後のこと。
筋肉痛はないけれど、今回とほぼ同じ症状に見舞われている。この時の原因は、新しい仕事内容であったことからくるストレス、モニターの輝度が高いことからくる目の疲れ、眼鏡が近場用に変わったことによる目の疲れ。そして、ブログ記事を見ると、今も同じようなことを書いている。つまりは仕事に対する思いなど。
 確かに、今回の転職は大きい。前回の時と比べたらものすごく大きい。近場用眼鏡を一日中かけていて、目が疲れている。通勤時にiPhoneを見ている時間が多く、これも目の疲れになっている。今回は、精神的なダメージが大きかった後での体調不良だ。加えて、これは知識としてなかった、女性ホルモンは体調不良の時には摂取しない方がいいということ。
 こんなに心身共によくなっていたのだから、きっともっと量を摂取すれば、復活できるのではないかと勘違いしてしまったことかな。ま、そこんところは学習したから、これからはこれほど酷いことにはならないと思うが。私のことだから、わからんよね。

☆そして
 さっき、首に湿布を貼ったら、首の痛みと肩の痛みと歯痛がなくなりました。
後は筋肉に関してかな。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-09-04 23:54 | 症状 | Comments(0)
 おかげさまで、転職をして働き始めてから5ヶ月が経とうとしています。

 やっと、なんか、何をしなければいけないのかが見えてきた感じがしますがね。。。

 そんな中、できなくなってきたことがあります。

 字が書けなくなってきた、っていうか。。。

 もともと手に震え、というか全身に振るえがあるんですけどね。

 ここの面接の時にも伝えてあって、でもパソコンは大丈夫ですよね、って言われて(当然)「はい」と答えているわけですが。

 でも、仕事のほとんどは手書きですね。

 もうね、ノートに書くんですが、後で読めません。

 なんて書いてあるのかわからないんです。

 ちょっと前までは、それでも無理矢理書いていれば、なんとかなってたんですけどね。

 手の震え+字が頭から手に伝わらないっていうか。

 何かの回路が細くなってきたような感じです。

 そういう辺りは、まだ衰えて欲しくないんですけどね。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-08-26 19:44 | 症状 | Comments(0)
 昨夜は、些細なことで2度も爆発してしまって、フテ寝したあげく。。。

 下の入れ歯を飲み込んでしまって、大慌て。もう降参だぁ、助けてぇ。。。と大声を上げて目が覚めた。

 慌てて、手を喉に突っ込んだけど、吐こうとしたけどもうダメで、救急車を呼ばなきゃとか、もう死んじゃうとかいうものが頭を巡りに巡って。。。でも、それは夢だった。


 実は6月7日から昨日まで、怒濤の26日間だった。

 その中には、ここの読者と会うという日程も組まれているから、そういうところはすっ飛ばして読んで欲しいのだけれど。

 どうやら、疲労が激しくなると、五感いや六感がとても敏感になるらしい。

 そして、それがとても精神的に大きな刺激になるらしい。つまりは、嫌なんだ。まるで、黒板に爪を立てているようなそんな感じを受けているみたいに。

 視覚。。。
  漏れて来る光が嫌。いや、普段は大丈夫なのね。もちろん。
  居間で煌々と電気が付きっぱなしになっていたけれど、そういうのがとても腹立たしいのね。
  しかも、さっきトイレに行ったら、居間には誰もいない。それを知ったらまたとても腹立たしくなった。

 聴覚。。。
  ちょっとした音が嫌。普段は気にならない音が、どうにもならない。例えば時計が動くわずかな音とか。
  エアコンや扇風機の出す重低音とか、回転で出る嫌な周波数の音とか。

 味覚。。。
  味がわからなくなるらしい。

 臭覚。。。
  いつも敏感だ。
 
 触覚。。。
  さっきは、足の親指に何かが触れて、びっくりした。
  以前は、実際にそうだったのかどうかはわからないけれど、腕の上を何かが走って行ったことがある。

 もう一つの感覚も、恐らく敏感で、些細な事に強烈に反応しちゃったのかもしれない。

 あー、忘れないうちにブログに残そうと思って、夜中なのに起きて、こうして書いているんだけれど、さっきまではもっと具体的なものだったのに、忘れてしまっている。

 ともかく、昨夜は、なんてことないのにiPhoneを2回も投げてしまった。抑えられなかった。



 思えば、以前は、すぐにこういう状態に陥っていたっけ。仕事を始めて3日で突入したこともあった。もちろん、休めなかったから、それからずっと続くんだけど。睡眠導入剤を飲んでも、深夜2時頃に目が覚めて眠れない、ということを何度も繰り返し、「ちゃんと(会社に)来れば、なんの問題もないんだけど」と行く先々の会社で言われたっけ。

 それでも、今は、仕事の間隔が多くない、通勤ラッシュにもあまり遭遇しないという有り難い状況にあるから、睡眠導入剤も適度に効いていて、六感を封じ込めて朝まで眠れることができているが、以前は、2時に目覚めてしまっていたことを考えると、随分前から、もうIT業界は自分には向いていなかったってことになるのかもしれない。


 今回は26日でこうなった。
 こんなに続けちゃいけないんだな。もう、こんなに詰め込むのはやめにしよう。
 そうでなくとも、一晩眠ったぐらいじゃ復活できない身体なのだから。


 ところで。。。

 正月に下の入れ歯が崩壊してから、下の入れ歯を装着していなかったことに気がついた。つまりは飲み込みようがないってことだ。

 そんな感じです。


 
にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-07-03 03:19 | 症状 | Comments(0)

いきなり低血糖に

今日はお昼時間に、いきなり低血糖の症状に。いつもなら予兆はあるのに、今回は気がつかなかった。危ない危ない。
しかもこういう日に限って、ブドウ糖を持って行ってない。
すぐに食べに出かけ、それでもダメなので、薬局に寄って、ブドウ糖の食べ物を購入。その場で事情を話して購入時に食べて。さらに、1時間ほどの間に、何個か食べて、やっと回避できましたとさ。
午前中に、いつも飲んでいるクエン酸入りの水を飲んでいて、いつもと味が違うし、今日は、これが身体に合っていないような気はしてたんですよね。12時過ぎて、いきなり手の震えが酷くなって、ヤバって。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-06-23 20:00 | 症状 | Comments(0)

気がかりなこと

 入院して2日めの夕方に微熱とともに右腕に蕁麻疹があった。とても痒かった、つい掻きむしってしまった。

 熱がそのまま上がったら、炎症が起きている証拠になって入院も長引くかな、と思ってしまったが、すぐに熱も引いて、痒みも収まった。

 次に痒くなったのは、退院した翌朝、つまりは昨日の朝だ。

 いつのまにか掻いていたみたいで、掻き過ぎた痛みで目が覚めた。

 左腕を血がにじむ程に掻いていた。起きてすぐに痒みはなくなった。

 次は同じ日の夕方。

 買い物に出かけている時に首付近が痒くって、掻き過ぎたらしく血がにじんでいたらしい。

 1時間ほどで収まった。

 そして今日。

 お昼頃、まだ食事も摂っていないのにいきなり右腕に蕁麻疹が出て、1時間ほど掻きむしってしまった。

 熱が出ているかもしれないと計ってみたら、34.2度だった。低過ぎ。何もしないのに1時間ほどで収まった。

 ちなみに、退院直前の血液検査では、特段問題はなかった。

 薬の副作用でもない、食べ物でもない、ホルモン錠も関係なさそう、なんだかわからない。

 でも、症状は同じ、蕁麻疹の出た場所は毎回変わる。

 なにが起きてるの?

にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-05-15 19:41 | 症状 | Comments(0)
2014年の記事を見つけました。


実は、今の職場の面接で、最後に、自転車乗れますか? って聞かれたんですが、「はい」って言ってから、悩みました。だって、しばらく乗っていなかったから。だって、乗れなかったから。

その理由が、このできなくなっていったものたちに書かれている。

でも、幸なことに、今は乗れるようになりました。何がどうなって乗れるようになったのかは不明ですけど。


同じように、卓球、ってのもあった。

これは、手の震え、いや全身の震えがあまりに酷くて、「この人じゃ練習にならない」って言われてショックを受けてからやらなくなったものです。

全身の震えや手の震えは今もあるけど、女性ホルモンの摂取によってかなり改善されている。

もしかしたら、復活できるかもしれない、なんてね。

あー、そんな日が来るなんて思ってもみなかった。

もしかして、私の身体はよくなってきているのか。

夢や幻ではないよね。

でも、期待はしないでおこう。



にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-05-08 00:21 | 症状 | Comments(0)