クラインフェルターな日々 0

ksofnaka.exblog.jp

クラインフェルター症候群(47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。 @ikiru2hint

カテゴリ:症状(歯科編)( 18 )

入れ歯、次の段階へ

 今日は久しぶりに歯医者さんに行ってきました。

 到着早々に、担当医に「先生、この下の入れ歯、もう諦めませんか?」と相談。

 もう手直ししてはすぐに壊れを何度と無く繰り返しているのです。

 私もさすがにこんなに脆い入れ歯だと、通う交通費もバカにならないので、もう30万円払う(ローンで)から金属の入れ歯にして欲しいと思っての相談でした。

 でも、なんかね、秘策があるみたいなんです。

 で、次回、型をとって、その秘策に挑戦することになりました。

 ま、この型取りも、もしかしたら入院して、なんてことになるかもしれませんが。

 なんせ、面倒な身体ですからね。

にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-10-07 20:59 | 症状(歯科編) | Comments(0)
 先日修復して8ヶ月ぶりに入れた下の入れ歯ですが、いとも簡単に壊れてしまいました。

 それも、想定していた右側の薄い部分ではなく、左側で。

 先日入れてから1週間後には、調整のための治療の予約は入っているんですけどね、もうちょっと頑張って欲しかったかな。

 珍しく、下の入れ歯が調子よかったから。

 もう、主治医を褒めていたところだったのに。。。


 で、今までの状況に戻ったんじゃない、というご意見もあるでしょうが、違うのです。

 先日は、下の前歯の虫歯の治療の後に、被せものを2本入れていて、その性で、上の入れ歯の安定が悪くなっているんです。

 それを下の入れ歯で支えていた格好になっていたんですが、それがなくなったので、とても上の入れ歯が不安定になってしまっていて、これはポリグリップを使っても難しいんじゃないかと思うのです。

 それどころか、上の入れ歯が崩壊してしまう可能性もあって、あと3日、なんとか頑張って欲しいなと。


 ま、そういうことだけではなくて、食べられるものが、かなり限定されてきてしまっていることも、今は辛いところですね。

 これだから、入れ歯って大変なんですよ。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-08-16 20:32 | 症状(歯科編) | Comments(0)

8ヶ月ぶりの入れ歯復旧

 私は2012年に上下あわせて15本の入れ歯を入れました。

 その時の状況は言葉に言い尽くせないほどの大変さ(入れ歯って 大変なんですよ)でしたけど。

 昨年の大晦日、これから年越し蕎麦を食べる段になって、まさかまさかの入れ歯崩壊。

 入れ歯がないと食べるものがほとんど無くなる中、寂しい正月を迎えたのでした。

 入れ歯が崩壊したら、すぐに歯医者さんに行って修復してもらうのですが、今回だけは、修復の翌日には崩壊を何度か繰り返し、ついにお医者さんも修復を諦める事態に。

 その頃、下の前歯の虫歯を治療していたため、それが完了する時に、壊れた下の入れ歯を修復することにしたのです。

 それから40年、あいや、8ヶ月。

 今日がその日になりました。


 まず、虫歯に被せものをします。2本。

 この時点で、すでにある上の入れ歯と噛み合わせると、被せものとは反対側の左側の上の入れ歯が歯茎から浮いてしまいました。

 本当であれば、上の入れ歯はがっちり固定して欲しいのですが、現状はそうではありません。この入れ歯は、そのうち作り直して、がっちり固定してもらわなければなりません。

 次に、崩壊していた下の入れ歯をさらにバラして、新しいバネに付け替え、さらにバラバラになった下の入れ歯を組立るという作業を、私の口の中でやる、という荒業。

 頭ではわかっていても、身体はわかっていませんでした。

 バネを装着してからバラバラの入れ歯を口の中に配置した瞬間でした。

 口の中で拒否反応が。

 何かの部品が歯茎の下方向に押し込まれて、それを身体が拒否したのでした。

 もうすぐに身体を起こして部品を取り除かないと、何が起きるかわかりませんでした。最悪、飲み込んでしまったら大変なことになります。Cの字をした金属のバネを飲み込んだら、食道や胃の粘膜を傷つけかねません。でも、それでも早く口の外に出してしまいたいほど、身体が拒否をしたのです。

 お医者さんも慌ててました。

 でも、なんとか部品をテーブルの上に退避させることに成功。

 次に、私は作業の手順をお医者さんに聞いて、一つ一つ確認しました。

 今回の治療で、そこまでやらなくてもいい、とまで言われたのですが、次にまた同じ辛い状況になるなら、今、意を決してやるべきなんじゃないかとも思ったのです。そこで提案。もう1回やってダメなら次回に、と。

 今度は、頭の中でどの部品がどこに配置されていくのかを確認していきました。

 そして薬品を入れて固めます。

 この薬品、苦いのですが、実はこの薬品の匂いというか味は嫌いではありませんでした。

 それが良かったようで、なんとか落ち着いて1つにすることができました。

 後は調整です。

 随分時間がかかりましたけれど、なんとか痛みが出ないように調整をしていただきました。



 さてさて、今までの経過を振返ると、過去には、食べられるものを一つずつ慎重に確認していくのですが。。。

 まずは、お腹が空いてました。

 そこで、何を思ったのか、いきなり焼き肉弁当に手を出して、保険にとバナナを買いました。

 柔らかい肉は、こういう場合はほぼアウトなんですけどね、お腹が空いている方が勝って、なんだかんだ言って完食してしまいました。チャレンジャーな私です。

 でもね、口の中に残った残骸を処理できませんでした。

 上の入れ歯は固定されていて、下の入れ歯は口の中で外れるのがいい状態なのですが、今は逆でした。

 下の入れ歯はがっちり嵌っていて、上の入れ歯が簡単に外れてしまいます。

 こうなると厄介です。

 入れ歯と歯茎の間に挟まった食べかすが歯茎を押したり、入れ歯の位置がちょっとだけズレてしまって、痛みが出るのです。よく、CMでやっているゴマとかとは違いますが、痛みは同じです。一粒のご飯が挟まっただけで激痛になるんです。

 こうなってしまうと、入れ歯を全部取り出して洗わなければいけません。

 自宅ならそれもできますけれど、外出先では無理です。その度にトイレに駆け込まなければならなくなります。

 食事の途中でも痛みが出たらトイレです。

 無理でしょう?

 だからどうするか。

 下の入れ歯を口の中の舌を使って外します。そして、舌を使って食べかすを取り除いて、また入れ歯を装着する、を、その度にしなければなりません。

 これでは食事に時間がかかりますが、毎回トイレに駆け込むよりはマシです。

 上の入れ歯との間には食べ物は入りにくいので大丈夫なんですけどね。

 そういう離れ業をしょっちゅうやらないといけないのです。

 でも、今回の下の入れ歯は、一部薄い場所があって、割れるリスクが大きいので、なるべくならば、外す回数も減らしたい。

 あー、苦労の連続です。

 でも、金属の入れ歯もあって、それで作れば、そういうことは激減するはずなのですが、高価。保険適用外で、今の入れ歯と同等のものを金属で作ろうとすると30万円も掛かるとのこと。

 無理だー。



 あとは、頭痛がどれだけするか、かな。



 ま、今日は初日。この週末をいろいろと試してみて、週明けの仕事に臨みたいと思います。

 まずは、職場で電話に出て、職場の名前をスムーズに言えるか、っていうところからです。

 職場の優しい皆々様、お手柔らかにお願いいたしますね。



にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-08-12 22:46 | 症状(歯科編) | Comments(0)

歯が生えた?

 そんなことはありませんが。。。

 歯科治療の中で、昨日は、下の前歯に1本、歯が追加されました。

 永久歯と言えば永久歯ですけどね。

 元々は噛み合ない上下の歯なのです。

 それでも、下の入れ歯が入っていれば噛み合う部分も(当然)あって、問題がないのですが、下の入れ歯は、年明けからまっぷたつに割れた状態で修理ができていません。何度も何度も割れたのでもう復旧ができないのです。

 だから、ずーーーっと、上の入歯だけで過ごしてきてまして、口の中ではある意味、安定した状態にあったということなのです。

 ところが、昨日の治療で、いきなり上の歯と噛み合う部分ができてしまったために、昨晩から食べるのに四苦八苦しているわけです。

 噛み合ないはずだった口の中で、いきなり噛み合うのです。それでもまだ、垂直に噛み合う部分は理解できるのですが、すりつぶしをした時の違和感といったら。。。

 今までも、歯の治療をした後は、最初から、何が食べられるのかのチェックをしなければいけませんでしたが、今もそんな状況です。

 まったくもって面倒な身体です。
 


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2016-06-15 20:58 | 症状(歯科編) | Comments(0)

入れ歯の音

最近、家内から、あの飴をかみ砕くような音は何?
って聞かれるので、あー、あの音が聞こえているのか、とショックだった。何の音かって。
 
それは、上下に入っている入れ歯、特に下の入れ歯を持ち上げるときの音。食事時間帯の話としてはちょっとなんだけどね。
下の入れ歯はちょっとだけ、かちって止まっているんです。食事中にはどうしても歯茎と入れ歯の間に食べ物が入り込んでしまいます。やっかいなのがキャベツの千切りなどですが、そうすると、入れ歯を外してあげて、口の中をゆすがないといけなくなります。家の中ならまだいいけど、外食中にはトイレに行かないといけません。そうなると中座をしますが、戻ってきてもまた食べていると、って、なんども中座しなければなりません。
 
だからここは、口の中で全部すましてしまうんです。水は含んだとして、入れ歯を舌を使って外して、ま、様々な技術を駆使して掃除をして、また嵌めるのですよ。この外したり嵌めたりするときに音が出てしまうのです。
 
最初は、聞こえないんだと思ってたんですけどね。後は、口の中の状態が悪くなると外して嵌めるをしょっちゅうやってますから。
 
で、この掃除をやらないとどうなるか。
全く食べ進むことはできません。口の中の噛む力って凄いんですよ。だから、かみ合わせが悪い状態で噛むと、超痛みがあります。食べることはできません。
因みに、総入れ歯ではありませんから、ポリグリップとか使いません。
部分的に試してみたことはありましたけど、吐きそうになってしまいました。そういう難しい身体でもある、ってことでして。大変です。




にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2015-05-18 11:36 | 症状(歯) | Comments(0)

歯医者さん

 小学生の時から苦労している歯医者さんです。

 今は、近所の歯医者さんからは敬遠されているため、都心にある大学病院に行っております。

 そこはやはり大学病院っていうだけあって、最新の技術によって治療がすすめられていくわけですが、なんか見ていると、夏休みの工作をやっている感じを受けます。

 たったこんなことで、こんなに良い効果が現れるの? みたいなことを、口を開けている私の横でお医者さんが取り組んでいるのを見るのは楽しいものです。

 さて、この春、病院の中で改装工事が行われるようなのですが、それに合わせたかのように、人事も大きく異動するみたいで、辞めるお医者さんが多いようなのです。

 何が起きているのかはわかりませんが、本当に大勢のお医者さんが辞めるみたいなんですよ。

 そして、そして、私の担当医も辞めるんだそうです。そして今の担当医の次の予定は決まってないんだとか。しばらくのんびりするみたいです。

 せっかく、慣れてきたのに。

 せっかく、安心して任せられるようになったのに。

 あー。。。


 さて、私の治療ですが、一応、下の前歯の虫歯治療が終わりましてね、一段落ついたところです。

 で、お医者さんも変わります。

 今度のお医者さんは男の先生でして、以前、予約外で診て頂いたことがあって、良い印象がある先生です。

 ただ、この先生は忙しいらしい。

 次の予約は5末。2ヶ月先でございます。

 5末に行ったら、次は7月か8月になるんでしょうか。


 一抹の不安が。。。



 ま、それはそれとしていいのですが。。。

 今困っているのは、下の入れ歯をカッチリと修正されてしまったこと。

 お医者さんとしては、上の入れ歯もカッチリさせて、下の入れ歯もカッチリさせて、安心して食べてもらおうと思っているようなのですが、実は、入れ歯を入れてみるとすぐわかるのですが、内部で異物が挟まった度に洗面所に駆け込むようなことをしないために、入れ歯は外れやすくなっているのが患者としてはちょうどいいんですね。

 そこが理解されないんですよー。

 で、最後の最後に調整されてしまったってわけです。

 もっとも、治療が終わった時に、入れ歯を入れて確認はしますけれど、すぐにはわからないものです。


 あー、やっちまっただよー。

 かなりストレスな下の入れ歯でつ。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2015-03-18 16:44 | 症状(歯) | Comments(2)
 今日はショッキングな話がいくつか。。。

 一つは、上の入れ歯を支えている歯が、実はもう虫歯状態で入れ歯を支えるのが将来的に難しい、ということ。支えられなければどうなるか。

 それは、総入れ歯、ということです。上だけ。

 疑似体験とかできたらいいのになー。

 怖いのは、前歯として残っている中途半端な歯が8本ほどあって、それを全部抜かないといけない、ということがひとつ。

 これは、前々からの懸案事項だったんですけれど、歯科医は一気に取るってのりのりなんだけど、教科書通りにいかない身体の私としてのリスクは大きいだろうと思っているわけです。

 つまりは、入院して抜かないとダメなんではないかと思っているんですよ。

 もうひとつは、総入れ歯を身体が受け付けない可能性がある、ということです。

 だから疑似体験してみたいんですけれど、実際には無理な話です。

 もうひとつあった。

 型を取るのが非常に難しいのですね。

 今の入れ歯の型を取るのだって大変な騒ぎだったんだから。

 前途多難だなー。


 そして、もうひとつは。。。

 今の先生が3月で辞めてしまうということ。

 大学病院だから可能性としてはあるんですけれど、せっかくすべてを任せられるほど信頼できるようになったのに。ここで交代なのか。

 慣れるまで、私は歯医者さんでゲーゲー吐いていたんですよね。

 だから、それがまた繰り返されるのかと思うと。。。



あー。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2015-01-29 21:46 | 症状(歯) | Comments(2)

歯がぁー

 昨日は、夜に入ってなんかうまくいかないことばかり。

 まず、出先からの帰りに、ジャンバーのチャックがはまらなくなった。何度やってもダメで、そんなはずはないのに、どうしてもダメ。

 そこで、一昨日に一緒に活動した人に、声をかけられた。

 そして、中断した作業を最度挑戦。

 今度はあっさりとはまりました。

 つまりは、2枚着ていたそれぞれ、別のチャックではめようとしていたんですよ。

 これは無理というもの。


 次は帰宅してバイクを止めた時のこと。バイクのハンドルを固定せずに鍵穴をロックしてしまった。これだと、バイクが移動できてしまって、持って行かれちゃう。

 再度鍵穴に鍵を差し込もうとするんだけれど、なんかダメ。これも、何度やってもダメだった。

 なぜか。

 昨日はめちゃ寒かったから、全くの冬モード。グローブも厚手のものだったため、鍵をちゃんとつかめていなかったのと、暗かった。


 そしてカバーを掛けている時のこと。

 なんかカバーについている紐が、ブレーキレバーに絡まっていて、うまくかけれない。

 それに気がつくのに暫く時間を要して。。。

 わかってからも外すのに、時間をかけてしまって。。。



 そして、帰宅して、家の中で、ケーブルに蹴躓いて。

 なんか変だなーと思っていたら。。。


 口の中で違和感が。

 あれ、なんだこれ。。。

 上の入れ歯が真っ二つに割れてしまっていました。

 飲み込まなくって良かったんだけれど、途方に暮れてしまった。

 仕事の面接がありそうだったので、慌てました。

 そして、今日、最優先事項にして、歯医者に行ってきました。

 なんとか、くっつけることができて、暫くは様子見ではありますが、なんとかなりましたとさ。



あー、つかれたぁー。

以下は、この記事へのコメント
===
Commented by ポン太 at 2014-11-06 15:40 x
Les Misérables

一難去ってまた一難
どこまで続く泥濘ぞ

お大事に!!



にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by KSofNaka | 2014-11-04 16:27 | 症状(歯科編) | Comments(0)
 入れ歯は上下で合わせて15本入るんですが、普段は上しか入れていません。

 会話が大変だからなのです。

 で、夜間も口の中の安定のために上だけ入れて寝る事が多くって、しかも仕事中も上だけって感じなんですけれど、やっぱり久しぶりの仕事は緊張します。

 そして、その緊張が、歯の噛み締めに出てしまうのです。

 その噛み締めが上だけの入れ歯で、今までは、それほど問題はなかったんですけれど、今週は、どうもよくありません。疲れて仕方が無いのです。

 そこで、今日は上下の入れ歯にしてみました。

 そうしたら、どうしたことでしょう。上下の入れ歯で噛み合ないのです。

 歯医者さんで調整した時は、きちんと噛み合います。そういう風に調整しますから。

 ところが、全然噛み合ないのです。

 焦りました。

 全く口の中がどうにかなってしまったようでした。復旧できないんではないかと焦りました。

 でも、上下に入れて暫くやっていたら、噛み合いました。

 今は噛み合ってます。

 ちょっと安心しました。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by ksofnaka | 2014-02-22 17:08 | 症状(歯科編) | Comments(0)
いままで、World of NAKA-chanブログの記事でしたけれど、本来はここのブログにふさわしいので、こちらに移動しました。(2016/08/12)
いただいたコメントも移動してあります。

===
ずっと前から通しで書いてみたいと思っていた題材であります。

「入れ歯」。

1.概要

 尿路結石の入院&手術から退院した直後、今から11ヶ月前に、痛みを押して歯医者に出かけ、死ぬような思いをして今装着している入れ歯の型を取ったのでした。

 そうしてできた入れ歯を口の中に初めて装着したのが翌年(今年)の2/20。上10本、下5本の計15本の大きな部分入れ歯でした。上の入れ歯は、基本的に対外的な見た目だけのものです。下の入れ歯は、食べるために必要不可欠なものです。なぜか、上下で噛み合わないための補間が下の入れ歯なのです。上の入れ歯を装着しても噛み合いません。下の入れ歯を装着してやっと口の中で噛み合う奥歯が出来上がるのです。したがって前歯では噛みあわないので千切ることができません。

 でも。。。
 上の入れ歯の装着は口に馴染みますが、下の入れ歯の装着は口に馴染みません。どうしてなのかはよくわかりませんけれど、やはり、下あごに装着していることに関係があるものと思うのです。だから、どうしても下の入れ歯は、口の中では異物なのです。これが、食べる時にやっかいになってきます。必要なのに。

 ちなみに、入れ歯を上下共に入れないと、一気に老けた顔になります。歯って重要です。

 入れ歯って、とてもイライラするものです。特に老いてから着けなければいけない人にとっては、新しい難物だと思います。相当イライラして物に当たりたくなるので、そのあたりは理解していただきたいものだと思います。(これは私の家族宛ではなく、これから入れ歯を入れる方のご家族宛です)


2.入れ歯装着はじめ

 正直、これからずっと生涯こうして入れ歯を装着して生きていかなければならない、ということが信じられませんでした。

★会話

 入れ歯を装着した直後、言葉を話すことができませんでした。自分の名前さえもきちんと発音できませんでした。もう、手話を習わないといけないかと思ったほどでした。でも、大きく口を開けて声も大きく出すことできちんと発音ができることも知りました。如何に今まできちんと声を出していなかったことかを、改めて認識することになりました。

 話すことが目的の趣味のアマチュア無線から遠ざかりました。それほど大変だったのです。
重要な話なら入れ歯を取る、とまで言っていたものでした。

★食べる

 本来の機能の食べること、これは、食べ物をひとつひとつ試しながら口の中で調整していかなければなりませんでした。でも、この作業は、入れ歯を大きく修正した後は、何度も最初からやりましたし、過去の差し歯の際にも同様のことをやっており、その経験をここで生かすことができました。あれも無駄ではなかった、とか。

★洗う

 入れ歯って、水をたくさん使います。だから被災地で水に限りがある場所での入れ歯装着者は大変だったと思います。入れ歯の洗浄は毎日行わなければいけませんが、私も入れ歯洗浄剤を使っています。いろんな種類が出ていますけど、今のお気に入りは「ポリXXX」です。他のも試しましたけれど、洗浄後に水で洗い流した後、口に装着する際に、ミントの香りがします。他のものだと洗浄剤のにおいというか味がどうしても残ってしまい、酷いときには入れ歯を装着してから吐いてしまうこともありました。

 この入れ歯の洗浄については、大きなジャム用の瓶を使っています。小さい金魚蜂みたいです。もちろん見た目は美しくありませんから、お弁当箱を入れる布の袋の中に入れています。
蓋をきっちりしても逆さにすると水がこぼれてしまいます。何か洗浄用の容器があるといいなぁって思います。CMや取り扱い説明書では、コップが書かれていますけれど、コップは中身が見えてしまいます。自分はいいけれど、家族に見せるものではありません。特に子供には見せられません。


3.9ヶ月 着けてみて(2012/11/12現在)

★会話

 本人は気になります。でも他人には気にならないようです。こちらが入れ歯を装着していることを相手に伝えないと気がつかない、と言われましたが、本当かどうかわかりません。それは、黒柳徹子さんの番組がありますが、彼女は最近入れ歯にされたのだと思うのですが、入れ歯特有の発音になっているようなのです。あれは聞くに忍びないのです。だから、きっと聞きにくいんだろうなぁ、って思うのです。

 下の入れ歯はまだまだ調整中なため不安定ですので、食べる時以外は装着しないこともあります。そうなると会話が少しだけ楽になります。口の中が広くなるので、舌が自由に動き回れるからかと思います。

 止めていたアマチュア無線も徐々に復活していますけれど、緊張するといけませんね。
ちなみに、入れ歯を全く入れないと上手くしゃべれない最近です。

★食べる

 噛み合う時のカチカチ音。
 食事中に入れ歯が噛み合った際に音が出るようです。それが気になるかな。

 熱さを急に感じる。
 入れ歯事態では熱さを感じないので、熱いものを食べるときは注意が必要です。いきなり口の中(特に舌の付け根付近)に熱いものが入って火傷しそうになります。これは、本当に危ないです。

 舌を噛んだり臍(ほぞ)を噛んだりする。
 食べている最中に、いきなり舌を噛むことがあります。きっと、本当の歯ではないので位置関係をつかめないものと思われます。思いっきり噛んでしまうと悲惨です。

 やわらかい食べ物がいいのではと勘違いされる。
 よく歯が悪い人にはやわらかいものがいいと思われてしまって「うどん」食べに行こうって誘われるのですが、うどんはいけません。これは私特有のものでしょうけど。
前歯が噛みあわなく千切ることができませんので、うどんを千切ることができません。特にこしが強いうどんは生命に関わります。何度も喉に引っ掛けて死にそうな怖い思いをいたしました。

 キャベツの千切りは真剣勝負。
 キャベツの千切りが隙間から入ってきて、歯茎と入れ歯の間に入ってしまうと、入れ歯の位置関係がおかしくなり噛み合せなどが狂ってきて、それ以降、全く食事ができなくなります。酷いときには、歯茎に痛みが出てしまって、吐き出さない限り食事を継続できなくなります。

 当然、お餅も危険食です。
 これは入れ歯にくっついてしまって危険です。超危険です。でもどうしても食べたい時は、入れ歯を取り外してから食べる方法があります。超難度級食物です。

 パンは意外に難しい。
 パンや固い肉ですが、噛んでも噛み切れないものは、やはり負担です。特に、この入れ歯の調整には2年かかると言われていて、この口に馴染まない状態では、歯茎に入れ歯が重くのしかかってしまって歯茎を傷めてしまうからです。そこまで力をかけない程度で噛み切れるぐらいの食べ物がうれしいのです。でも、それは、試行錯誤です。食べてみないと、その食べ物が食べられるかどうかわからないのです。

 飴玉は舐める分にはいいけれど。
 私は飴玉を舐めるよりも噛んでしまう方が多いのですが、これはせっかく調整した噛み合せを悪くする傾向があって、よくないようです。また、入れ歯が壊れる可能性もあります。強い衝撃は避けなくてはなりません。だから、どうしても飴玉を舐める必要があるときは、やはり入れ歯を外すがいいのかもしれません。

 粒粒は大丈夫だった。
 よくCMでやっている粒粒のものが歯茎と入れ歯の間に挟まって、というものですが、意外に大丈夫なようです。キャベツの千切りはダメですけどね。でも、粉薬はダメです。漢方薬なんぞは入れ歯にくっついてしまって、飲み込めません。いくら水を飲んでもダメでした。お湯に溶かせば問題はないのですけど。意外なのがおせんべい。大丈夫なんですよね。

 食事中に下の入れ歯が浮いてしまう。
 まだまだ調整中なので、下の入れ歯が浮いてしまうのですが、食べている最中も浮いてしまうと入れ歯を食べているのか何を食べているのかがわからなくなります。そうなると、入れ歯と歯茎の間に何も入れないような作業を口の中でして、再度、下の入れ歯を装着し直さなければならなくなります。これは大変な技術を要します。どうにもならないときには洗面所に駆け込みますけれど、外出時には難しいことです。そうなると必然的に、外食したくなくなります。

 その他。
 食べていてイライラします。食べるときは食べることに集中しないと命取りになりかねませんので、気を抜くことができません。リラックスして楽しく食事、なんて、当分先の話です。

 いいことも。
 もちろん、今まで食べられなかったものが食べられるようになりました。特に、奥歯で噛み潰すってことができるのは、とてもうれしいことです。野菜のサラダなんかバリバリしたのって何年ぶりだったか、とか。きちんと噛み潰すことは楽しいですし、体にいいに決まっています。
その結果というのでしょうか、如実に検査結果に出まして(笑)、一気に食べすぎだという値になったりならなかったり。大変なときには、ゆっくりと歯の噛みあわせを確認するかのように食べる必要とかもありますけれどね。


★洗っている間の口の中

 入れ歯の調整は、入れ歯が口の中に装着されていることを前提に行いますので、入れ歯が無い状態というのは想定外なのです。ですが、入れ歯を毎日洗浄しないといけませんので、口の中に入れ歯がない、というお医者さんにとっては想定外のことが毎日起きるのであります。

 大抵、洗浄は寝るときにやって、翌朝まで行うのです。私も、先日まではそうやっておりました。
ところがどっこい。前回の治療で、下の歯を金属で覆ったところ、上に中途半端に生えている歯(取らなければいけない歯)とぶつかったり、上の歯茎にぶつかって非常にイライラすることがわかりました。これはいけません。入れ歯が無い状態で夜、寝ることが難しくなりました。ちょっと上下が当たっただけで、かなり痛むのです。参りました。

 そこで、歯の洗浄は夜寝る前の早い時間にやって、寝るときは少なくとも上の入れ歯を装着した状態にすると眠れることがわかりました。

★寝る

 前述しましたが、寝るときは、少なくとも上の入れ歯はしておかなければなりません。では、下の入れ歯はどうするか、ですが、下の入れ歯はまだ位置が定まっていなかったり、下あごへの圧迫感があったりしますので、入れた状態は不安定でイライラの元です。当然、そういう状態でリラックスして寝ることは困難です。しかも、不安定な状態ですから、寝ている間に外れて飲み込んでしまうなんていう恐ろしい可能性もあり、とてもじゃありませんが、装着して寝るなんてことはできません。


4.これから

 下の入れ歯の今の調整が済んだら、今度は、上の歯を抜くことになります。中途半端に欠けた歯が8本あって、これを抜くのだそうです。当初6月にこの治療をすることになっておりましたけれど、私の精神状態が安定していなかったため、延期されているのです。でも、一度に抜くと言って楽しみにしているお医者さんがいるのです。私が気を失っている間にやってくれるならいいのですが、心身が持つかどうかわかりません。
そうしてその8本を抜いた後で、本格的に上の入れ歯の調整に入るのですが、抜いてから入れ歯が完成するまでの間って、どうなるのでしょうね。入れないってことはないと思うのですが、また入れずに、マスクのお世話になるのは避けたいところではあります。


まだまだ長い苦難な道のりです。

===2016/4/26 追記===

私の口の中が新たな段階に入ったので追記します。

昨年大晦日に入れ歯が崩壊し、その後、上下両方の入歯が相次いで崩壊しました。現在、下の入歯は修復不可能な状態にあり、上の入歯のみで不自由な状態が続いています。つまり、噛み合わせが少ないのと、上の入歯が全く固定できていないため、ポリグリップのお世話になっている、という不本意な形です。
ともするとくしゃみで、入歯が飛ぶという漫画のようなことに気を遣わなければならなかったり、大晦日のように、崩壊してしまうとか、気が気ではありません。

==追記、終わり==



にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村

More
[PR]
by KSofNaka | 2012-11-12 10:39 | 症状(歯科編) | Comments(0)