クラインフェルターな日々 0

ksofnaka.exblog.jp

クラインフェルター症候群(47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。 @ikiru2hint

入れ歯 って大変なんですよ

いままで、World of NAKA-chanブログの記事でしたけれど、本来はここのブログにふさわしいので、こちらに移動しました。(2016/08/12)
いただいたコメントも移動してあります。

===
ずっと前から通しで書いてみたいと思っていた題材であります。

「入れ歯」。

1.概要

 尿路結石の入院&手術から退院した直後、今から11ヶ月前に、痛みを押して歯医者に出かけ、死ぬような思いをして今装着している入れ歯の型を取ったのでした。

 そうしてできた入れ歯を口の中に初めて装着したのが翌年(今年)の2/20。上10本、下5本の計15本の大きな部分入れ歯でした。上の入れ歯は、基本的に対外的な見た目だけのものです。下の入れ歯は、食べるために必要不可欠なものです。なぜか、上下で噛み合わないための補間が下の入れ歯なのです。上の入れ歯を装着しても噛み合いません。下の入れ歯を装着してやっと口の中で噛み合う奥歯が出来上がるのです。したがって前歯では噛みあわないので千切ることができません。

 でも。。。
 上の入れ歯の装着は口に馴染みますが、下の入れ歯の装着は口に馴染みません。どうしてなのかはよくわかりませんけれど、やはり、下あごに装着していることに関係があるものと思うのです。だから、どうしても下の入れ歯は、口の中では異物なのです。これが、食べる時にやっかいになってきます。必要なのに。

 ちなみに、入れ歯を上下共に入れないと、一気に老けた顔になります。歯って重要です。

 入れ歯って、とてもイライラするものです。特に老いてから着けなければいけない人にとっては、新しい難物だと思います。相当イライラして物に当たりたくなるので、そのあたりは理解していただきたいものだと思います。(これは私の家族宛ではなく、これから入れ歯を入れる方のご家族宛です)


2.入れ歯装着はじめ

 正直、これからずっと生涯こうして入れ歯を装着して生きていかなければならない、ということが信じられませんでした。

★会話

 入れ歯を装着した直後、言葉を話すことができませんでした。自分の名前さえもきちんと発音できませんでした。もう、手話を習わないといけないかと思ったほどでした。でも、大きく口を開けて声も大きく出すことできちんと発音ができることも知りました。如何に今まできちんと声を出していなかったことかを、改めて認識することになりました。

 話すことが目的の趣味のアマチュア無線から遠ざかりました。それほど大変だったのです。
重要な話なら入れ歯を取る、とまで言っていたものでした。

★食べる

 本来の機能の食べること、これは、食べ物をひとつひとつ試しながら口の中で調整していかなければなりませんでした。でも、この作業は、入れ歯を大きく修正した後は、何度も最初からやりましたし、過去の差し歯の際にも同様のことをやっており、その経験をここで生かすことができました。あれも無駄ではなかった、とか。

★洗う

 入れ歯って、水をたくさん使います。だから被災地で水に限りがある場所での入れ歯装着者は大変だったと思います。入れ歯の洗浄は毎日行わなければいけませんが、私も入れ歯洗浄剤を使っています。いろんな種類が出ていますけど、今のお気に入りは「ポリXXX」です。他のも試しましたけれど、洗浄後に水で洗い流した後、口に装着する際に、ミントの香りがします。他のものだと洗浄剤のにおいというか味がどうしても残ってしまい、酷いときには入れ歯を装着してから吐いてしまうこともありました。

 この入れ歯の洗浄については、大きなジャム用の瓶を使っています。小さい金魚蜂みたいです。もちろん見た目は美しくありませんから、お弁当箱を入れる布の袋の中に入れています。
蓋をきっちりしても逆さにすると水がこぼれてしまいます。何か洗浄用の容器があるといいなぁって思います。CMや取り扱い説明書では、コップが書かれていますけれど、コップは中身が見えてしまいます。自分はいいけれど、家族に見せるものではありません。特に子供には見せられません。


3.9ヶ月 着けてみて(2012/11/12現在)

★会話

 本人は気になります。でも他人には気にならないようです。こちらが入れ歯を装着していることを相手に伝えないと気がつかない、と言われましたが、本当かどうかわかりません。それは、黒柳徹子さんの番組がありますが、彼女は最近入れ歯にされたのだと思うのですが、入れ歯特有の発音になっているようなのです。あれは聞くに忍びないのです。だから、きっと聞きにくいんだろうなぁ、って思うのです。

 下の入れ歯はまだまだ調整中なため不安定ですので、食べる時以外は装着しないこともあります。そうなると会話が少しだけ楽になります。口の中が広くなるので、舌が自由に動き回れるからかと思います。

 止めていたアマチュア無線も徐々に復活していますけれど、緊張するといけませんね。
ちなみに、入れ歯を全く入れないと上手くしゃべれない最近です。

★食べる

 噛み合う時のカチカチ音。
 食事中に入れ歯が噛み合った際に音が出るようです。それが気になるかな。

 熱さを急に感じる。
 入れ歯事態では熱さを感じないので、熱いものを食べるときは注意が必要です。いきなり口の中(特に舌の付け根付近)に熱いものが入って火傷しそうになります。これは、本当に危ないです。

 舌を噛んだり臍(ほぞ)を噛んだりする。
 食べている最中に、いきなり舌を噛むことがあります。きっと、本当の歯ではないので位置関係をつかめないものと思われます。思いっきり噛んでしまうと悲惨です。

 やわらかい食べ物がいいのではと勘違いされる。
 よく歯が悪い人にはやわらかいものがいいと思われてしまって「うどん」食べに行こうって誘われるのですが、うどんはいけません。これは私特有のものでしょうけど。
前歯が噛みあわなく千切ることができませんので、うどんを千切ることができません。特にこしが強いうどんは生命に関わります。何度も喉に引っ掛けて死にそうな怖い思いをいたしました。

 キャベツの千切りは真剣勝負。
 キャベツの千切りが隙間から入ってきて、歯茎と入れ歯の間に入ってしまうと、入れ歯の位置関係がおかしくなり噛み合せなどが狂ってきて、それ以降、全く食事ができなくなります。酷いときには、歯茎に痛みが出てしまって、吐き出さない限り食事を継続できなくなります。

 当然、お餅も危険食です。
 これは入れ歯にくっついてしまって危険です。超危険です。でもどうしても食べたい時は、入れ歯を取り外してから食べる方法があります。超難度級食物です。

 パンは意外に難しい。
 パンや固い肉ですが、噛んでも噛み切れないものは、やはり負担です。特に、この入れ歯の調整には2年かかると言われていて、この口に馴染まない状態では、歯茎に入れ歯が重くのしかかってしまって歯茎を傷めてしまうからです。そこまで力をかけない程度で噛み切れるぐらいの食べ物がうれしいのです。でも、それは、試行錯誤です。食べてみないと、その食べ物が食べられるかどうかわからないのです。

 飴玉は舐める分にはいいけれど。
 私は飴玉を舐めるよりも噛んでしまう方が多いのですが、これはせっかく調整した噛み合せを悪くする傾向があって、よくないようです。また、入れ歯が壊れる可能性もあります。強い衝撃は避けなくてはなりません。だから、どうしても飴玉を舐める必要があるときは、やはり入れ歯を外すがいいのかもしれません。

 粒粒は大丈夫だった。
 よくCMでやっている粒粒のものが歯茎と入れ歯の間に挟まって、というものですが、意外に大丈夫なようです。キャベツの千切りはダメですけどね。でも、粉薬はダメです。漢方薬なんぞは入れ歯にくっついてしまって、飲み込めません。いくら水を飲んでもダメでした。お湯に溶かせば問題はないのですけど。意外なのがおせんべい。大丈夫なんですよね。

 食事中に下の入れ歯が浮いてしまう。
 まだまだ調整中なので、下の入れ歯が浮いてしまうのですが、食べている最中も浮いてしまうと入れ歯を食べているのか何を食べているのかがわからなくなります。そうなると、入れ歯と歯茎の間に何も入れないような作業を口の中でして、再度、下の入れ歯を装着し直さなければならなくなります。これは大変な技術を要します。どうにもならないときには洗面所に駆け込みますけれど、外出時には難しいことです。そうなると必然的に、外食したくなくなります。

 その他。
 食べていてイライラします。食べるときは食べることに集中しないと命取りになりかねませんので、気を抜くことができません。リラックスして楽しく食事、なんて、当分先の話です。

 いいことも。
 もちろん、今まで食べられなかったものが食べられるようになりました。特に、奥歯で噛み潰すってことができるのは、とてもうれしいことです。野菜のサラダなんかバリバリしたのって何年ぶりだったか、とか。きちんと噛み潰すことは楽しいですし、体にいいに決まっています。
その結果というのでしょうか、如実に検査結果に出まして(笑)、一気に食べすぎだという値になったりならなかったり。大変なときには、ゆっくりと歯の噛みあわせを確認するかのように食べる必要とかもありますけれどね。


★洗っている間の口の中

 入れ歯の調整は、入れ歯が口の中に装着されていることを前提に行いますので、入れ歯が無い状態というのは想定外なのです。ですが、入れ歯を毎日洗浄しないといけませんので、口の中に入れ歯がない、というお医者さんにとっては想定外のことが毎日起きるのであります。

 大抵、洗浄は寝るときにやって、翌朝まで行うのです。私も、先日まではそうやっておりました。
ところがどっこい。前回の治療で、下の歯を金属で覆ったところ、上に中途半端に生えている歯(取らなければいけない歯)とぶつかったり、上の歯茎にぶつかって非常にイライラすることがわかりました。これはいけません。入れ歯が無い状態で夜、寝ることが難しくなりました。ちょっと上下が当たっただけで、かなり痛むのです。参りました。

 そこで、歯の洗浄は夜寝る前の早い時間にやって、寝るときは少なくとも上の入れ歯を装着した状態にすると眠れることがわかりました。

★寝る

 前述しましたが、寝るときは、少なくとも上の入れ歯はしておかなければなりません。では、下の入れ歯はどうするか、ですが、下の入れ歯はまだ位置が定まっていなかったり、下あごへの圧迫感があったりしますので、入れた状態は不安定でイライラの元です。当然、そういう状態でリラックスして寝ることは困難です。しかも、不安定な状態ですから、寝ている間に外れて飲み込んでしまうなんていう恐ろしい可能性もあり、とてもじゃありませんが、装着して寝るなんてことはできません。


4.これから

 下の入れ歯の今の調整が済んだら、今度は、上の歯を抜くことになります。中途半端に欠けた歯が8本あって、これを抜くのだそうです。当初6月にこの治療をすることになっておりましたけれど、私の精神状態が安定していなかったため、延期されているのです。でも、一度に抜くと言って楽しみにしているお医者さんがいるのです。私が気を失っている間にやってくれるならいいのですが、心身が持つかどうかわかりません。
そうしてその8本を抜いた後で、本格的に上の入れ歯の調整に入るのですが、抜いてから入れ歯が完成するまでの間って、どうなるのでしょうね。入れないってことはないと思うのですが、また入れずに、マスクのお世話になるのは避けたいところではあります。


まだまだ長い苦難な道のりです。

===2016/4/26 追記===

私の口の中が新たな段階に入ったので追記します。

昨年大晦日に入れ歯が崩壊し、その後、上下両方の入歯が相次いで崩壊しました。現在、下の入歯は修復不可能な状態にあり、上の入歯のみで不自由な状態が続いています。つまり、噛み合わせが少ないのと、上の入歯が全く固定できていないため、ポリグリップのお世話になっている、という不本意な形です。
ともするとくしゃみで、入歯が飛ぶという漫画のようなことに気を遣わなければならなかったり、大晦日のように、崩壊してしまうとか、気が気ではありません。

==追記、終わり==



にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村



★★★頂いたコメント★★★

Commented by Takeshi at 2012-11-13 10:11
入れ歯を入れていらしゃる年齢だったのですね。
私の両親も、最近入れ歯を入れる年齢になりましてね。入れ歯については、結構使い方で苦労しているようです。笑うと入れ歯が飛び出してしまって、固定しなければならないのが切実な悩みらしいです。
いずれにせよ、入れ歯を自分の体の一部として取り入れるには苦労するかもしれませんね。私なんぞは、入れ歯でないけれど体にスキンケアを施すアトピー対策の薬を付けているのは、結構難儀であると感じています。それと、何か同じですね。
Commented by WofNaka at 2012-11-13 21:53
Takeshiさん こんにちは。

いえいえ年齢で入れ歯を入れているのではありません。あくまでも歯が悪いのです。KSの人で骨密度が低い方とかいらっしゃいますけれど、あえて言うならそうの影響もあるかもしれません。

意外に、笑い話になりそうな状況になりやすいのですけれど、とても当事者は真剣です。私もくしゃみの瞬間に下の入れ歯が外れそうになることがあって、他人事ではありません。

日々、何らかのことをする、例えば薬を塗る、薬を飲む、というのは大変なことですよ。薬によって改善したり悪化したりすることもありますから。

お察しいたします。

Commented by カルロ at 2014-05-22 19:27
"上の入れ歯の装着は口に馴染みますが、下の入れ歯の装着は口に馴染みません"

そうなんですよね、入れ歯って。
みなさん上の入れ歯は馴染むので問題ありませんが、下の入れ歯はなかなか馴染まずに、異物感がずっとあるようです。

Commented by WofNaka at 2014-05-22 23:01
カルロさん こんにちは。

上は頭蓋骨側だから安定すると聞きました。下はあごの関節でくっついているので不安定なんだそうです。

Commented by ポン太 at 2014-07-08 23:42
クラインフェルターのポン太もアメリカで歯周病で失った歯の治療には相当難儀しましたよ!
僕の場合も骨の密度が低いらしくインプラントを入れるにはアゴの骨をしっかり増殖させる必要があったので、その治療に1年を要しました。その次に下顎にインプラントを6本埋め込み、2組のインプラントブリッジを組んで、全部で9本のブリッジを入れました。これ2年近くかかりましたし、更に上顎にも4本のインプラントを埋めて、7本のブリッジを組みました。なんだかんだで全部の治療に5年ほどかかりました。そして目の玉が飛び出るほどの治療費を持ってかれました。軽くベンツが買えるほどです。虎の子の老後の資金をごっそり使いました。
僕らはホルモンのバランスが少し崩れただけで様々な症状を起こしますので、今後とも健康には気を使います。
アメリカは医療費が高過ぎる。ホント日本の健康保険は素晴らしい。

Commented by WofNaka at 2014-07-10 16:46
ポン太さん こんにちは。

私の場合は、顎の骨はしっかりしているらしいのですが、今の大学病院では、インプラントの話しには繋がりません。恐らく、こちらがお金を掛けたくないというのが伝わっているからだと思います。

ポン太さんは、私よりだいぶ先輩のようですが、私は、自分より年長のKSの方を知らず、ポン太さんが初めてかもしれません。
私は1961年生まれです。

それと、今は日本にお住まいなのでしょうかね。

また、お寄りください。

Commented by 山本 at 2016-01-26 22:42
突然失礼致します。
私は30代の男なのですが前歯がボロボロで奥歯も3本欠損しており入れ歯になる事を覚悟しております。
そこで今入れ歯を使われている方のお話をお聞きしたいと思いコメントさせて頂きます。

1.入れ歯は保険適用の物なのでしょうか?

2.入れ歯を使われてから数年経過していると思いますが発音や咀嚼などはこの記事の状態と比べて如何でしょうか。

3.味覚などの変化はやはり生じますでしょうか。

4.外出時などで外れたりする事はありますでしょうか。

など不安な点だらけで憂鬱になっております。
是非御回答やアドバイスなどを頂戴出来れば幸いです。
宜しくお願い致します。

Commented by WofNaka at 2016-01-27 10:39
山本さん こんにちは。

1。保険適用について
私の場合は、大学病院に行っていて保険適用で、一般の巷の歯医者さんと比べると驚く程安価で入れて頂いています。例えば上下あわせて1万円以内とか。
入れ歯の材質にもよりますが、入れてそこで完了、ということにはなりません。大学病院の歯科医の話しだと、本来は、歯の個々を調整しながら最終的に入れ歯にするらしいのですが、私の場合は、いろいろと事情があって、その辺りをすっとばして入れ歯にしましたので、入れ歯が先で、その後に個々を治療しながら入れ歯を調整していく、みたいになっています。このため材質はプラスチックみたいなのです。素材が金属になると、もう少し高いようです。

2。発音や咀嚼のその後
相変わらずですが、だいぶ上手にしゃべれるようになってきました。本来のしゃべり方といいますか、声をきちんと出して、口をきちんと動かすことで、しゃべれるようになりますから、装着後はあせらずじっくりとやってみて下さい。できれば、声を出しての読書、とか、毎日なにか声を出すことが趣味にあるといいですね。カラオケとか。

食べ物は歯の調整の度に最初から、これはまだそのままです。
長い食べ物、麺類、牛丼の薄い長い切れていない肉とかは危険な部類にはいります。

お餅は、食べている間に、入れ歯にくっついて、一緒になって口の中で動く事がありますが、こういう柔らかいものは、サイズを予め小さくして、口の中で、入れ歯の位置、食べ物の位置を確認しながら噛むようにすると食べられます。
例えば、四角い市販のお餅はさらに10等分に切って焼いて食べますが、わずかな時間に焼けるというメリットもありますが、ここまで小さいと危険な食べ物ではなくなります。

続く。。。

Commented by WofNaka at 2016-01-27 10:40
。。。続き

3。味覚
食べられるものに制限がでますが、味覚は変わらないんじゃないかなー。熱いものは、歯茎で熱を感じずにいきなり口の中に落ちてくるので、気をつけなくてはなりません。

4。外出時
これはありますから、私はプラスチックの小さい容器にティッシュペーパーを詰め込んでおいて、いざという時にはそこにそのまま入れてしまいます。もちろんマスクは必須アイテムです。

不安だと思います。入れ歯は、試しに入れてみることができませんから、特に総入れ歯だとしてもです。そこが体験できたらどんなにか歯科治療の気持が楽になるかと思い、いつも主治医と話してます。
それから上の入れ歯は外れないようにしっかり付いているといいですが、下の入れ歯は、口の中でゆるく付いていた方がいいです。ストレスはかなり軽減されます。ただ、この辺りをお医者さんが理解できないようですので、そこで攻防が発生します。

もし、直接お話ししたい場合は、ここのコメントに「非公開コメント」のチェックボックスがあるので、チェックを入れて頂き、メールアドレスでも入れて頂ければ、こちらからメールいたします。

うまく行く事を願ってます。

コメント、ありがとうございました。

Commented by 山本 at 2016-01-27 18:36
御回答頂きましてありがとうございます。
うどんや牛丼の肉まで食べるのに支障をきたすとは想像も出来ないので辛いですが、味覚に大した変化が無いのは救いかも知れません。
やはり入れ歯は外れるものなのですね。
入れ歯の安定剤などを使っても外れるとなると億劫です。
因みに保険外の入れ歯を使われた経験はあるのでしょうか?

Commented by KSofNaka at 2016-01-27 21:31
山本さん。 こんにちは。

保険外はありません。
 
私の場合は入れ歯をいれても前歯が噛み合ない為に、噛み切ることができないため、うどんや牛丼の肉が危険ということです。

入れ歯は外れるものですが、外れないと困りますよ。特に下の入れ歯は、食事中に入れ歯と歯茎の間に千切りキャベツとかが入っちゃって、痛くなってしまったときに、その度にトイレに駆け込まないと取り出せない、となると、外食中にしょっちゅうトイレにいかなければなりませんが、下の入れ歯を手を使わずに口腔内で外せる事ができれば、舌を使って口の中で掃除ができますから便利です。

入れ歯安定剤は、私も使おうとしたことがありますが、味がついていたり、それが口腔内で受け入れられない味やにおいだと、それだけで使えません。またせっかく型をとってピッタリさせたものの間に安定剤を入れて、噛み合わせが上手く行かなくなるケースもあるようですので、歯医者さんの中には嫌う人もいます。

入れ歯の洗浄剤も同じで、洗って口に装着する際に、変な味がついていて入れたと同時に吐き出してしまったこともありました。

ひとつひとつ確認しながらご自分の身体にあったものを使って行くのがいいと思いますが、まずは歯医者さんでしょうかね、探すのは。
 
あと、これは余談ですが、老人の方で、インプラントが年相応に衰えないために、歯茎から浮き出てしまっていて口を閉じれない状態にある、という話しを別件で聞きました。
遠い将来の話しでしょうけど、今はよくても後でみたいなことまでお医者さんが診てくれるか、という点で、そこまで考えてくれるお医者さんを選ぶのがいいかと思います。

とりとめもなく、書いてしまいました。

Commented by 山本 at 2016-01-29 00:31
丁寧に教えて頂きましてありがとうございます。
前歯は噛み合えば肉や麺類は食べられるのでしょうか?
安定剤や洗浄剤はCMでしか見た事が無いのでそんな話があるのは驚きました。
不安と恐怖がありますが話を聞いて頂いて少し気が楽になりました。
ありがとうございました。

Commented by WofNaka at 2016-01-30 00:26
山本さん こんにちは。

噛み合う歯がなくなってしまうと、噛まなくてもよい食事を流し込むことしかできなくなります。例え前歯が噛み合ないことで噛み切ることができなくなった場合は、ナイフとフォークやお箸で小さくして奥歯で潰すことになります。お餅を小さくして焼くのも同じ。うどんも短く予め切って食べることで、前歯の機能を果たすこともできます。
 
いざとなるとなんとかなるものです。
また他の人ができなかったからと言って自分もできないとは限りません。口の中の条件は皆同じとは限りませんから。
 
また、外食中にシェフに「歯が悪いので、これを小さくして下さいませんか」というようなお願いをすることもあります。たいてい拒否されません。もっとも拒否するような店は、大した事がありませんから、二度と行かないようにすればいいことなんですけどね。
 
山本さんも、ひとしきり経験をされていくと、今度、そういう入れ歯初心者の心を癒すことができるかもしれませんね。私は、そういうつもりで病と向き合うようにしています。今も一生懸命に病と付き合っています。

Commented by harumi at 2016-07-28 16:58
初めまして。ひとつ年下です。
蓄膿症になり上の歯は前歯だけ残し両側奥抜きました。
今日入れ歯が出来てきて入れたのですが
まったくうまく話せません。練習で話せるように
なるのでしょうか?
ちょっと読まさせていただいてちょっと
希望が。

Commented by WofNaka at 2016-07-29 00:06
harumiさん こんにちは。

それは大変でしたね。
入歯は、一回でピッタリ入らないので、様々な部分で何度も調整が必要です。でも、上の入歯であれば、下の入歯とちがって、それでもピッタリ感があるかな。

話せない、本当にそうなんですよね。
ちゃんと話そうとするには、入歯を外さないと、なんていうシャレにならない事態になることも、最初はありました。
でも、大丈夫です。
必ず喋られるようになりますから。

多分、口を大きく開くようにして、ゆっくりから始めて見て下さい。そして声を大きめに出す。なんか、歌をそんな感じで歌ったりしていると、自然に今までみたいに喋れるようになると思いますよ。

最初はちょっと大変ですけどね、頑張ってみて下さい。

Commented by harumi at 2016-07-29 13:53
ありがとうございます。
ちょっと希望が持てて
本当にうれしいです。

うどんが..ってよくわかります。
前歯だけの時おせんべいとかは
大丈夫でしたが麺類きつかったです。
また相談にうかがいます。

Commented by WofNaka at 2016-07-29 22:20
harumiさん こんにちは。

おせんべいは、手で割って口の中で溶かすことができますが、うどんは、特にこしが強い麺は厳しいです。
なので、周囲の方が気を利かしたつもりで柔らかいものを紹介してくれるのが、有り難くない、という結果に。
 
私思うんですけど、不自由なことがある場合の食べ方は、自己流で構わないと思いますよ。
慎重に食事されて下さいませ。

===頂いたコメント、ここまで===

[PR]
by KSofNaka | 2012-11-12 10:39 | 症状(歯科編) | Comments(0)