クラインフェルターな日々 0

ksofnaka.exblog.jp

クラインフェルター症候群(47XXY)の人生を赤裸々に、集大成のつもりで綴ります。 @ikiru2hint

入院一ヶ月前検査

 昨日、入院一ヶ月前検査を受けてきました。それと入院予約。

★検尿・・・
 トイレに行きたくって行きたくって我慢に我慢をしていたため、レントゲンでなくって、先に検尿をお願いして、係りの人もあわてさせながら検尿を済ませたのでした。
泌尿器科の場合は、検尿とかの可能性があるためトイレに行くのもタイミングが難しいのよね。

★血が止まる時間の測定・・・
 2分でした。5分以内ならOKとのことでした。でも、ストップウオッチ片手に、30秒おきに、耳たぶ触られるのは結構疲れますよ。

★採血・・・
 はやくも採血バトルがありました。
 いつも手首から採ってもらうんですが、この病院はそこから採るのはNGなんだそうです。だからそれ以外から、ということだったんですけど、それはほら、いつも難渋している採血ですから。。。

 最初は、若い検査技師の女の子でした。
 見つけられないんですよ。やっぱり、難しいもの。私の血管。あるんですよ、あるんですけど見つけにくいんだなぁ。で、右腕、左腕と探して結局右腕からに決意したみたいでした。
でも、血管まで届かなかったんですよね。。。。。残念でした。

 で、今度は、百戦錬磨でっせ、とばかりの女性の方。
この方も、なかなか見つけられませんで、近くに細いのがあるんですけどね、なんせ、今回、小さい試験管みたいなので8本ほど採らないといけなかったので、そこからは無理との判断だったんでしょうね。
でも、どうしても見つけられないのです、仕方なく、細い見えているのに刺しました。
結果、なんとか8本採りましたよ。
お見事でした。

 しかし、私の血の気を引かせるには十分な体験だったですよ。8本抜かれたから具合がわるくなったのか、一度失敗しているからかなのかは分かりませんでしたけど、そこから、いきなり、やばかったんですよ。

★心電図・・・
 この検査技師の方は、にこりともせずに、機械的に検査しましたね。で、このとき、車椅子のご高齢の方が肺活量の検査を受けておりましてね、検査技師の方がでかい声で「はい、はい、もっと吸ってもっと吸って、はい、吐いて、もっと、吐いて、もっと、もっと・・・」。もう、おかしくっておかしくって仕方がないんですよ。心電図、ちゃんと採れたかな。心配です。

★レントゲン・・・
 レントゲンと検尿は、石で痛いときと、通常の通院のときには必ずやるのでなれたものでした。
ただね、自分のペースで、「大きく息を吸って」っていうの辞めて欲しいんだけど。全く、こちらの呼吸と合わないんですよ。っていうか、全く逆なわけね。
ちょっと見ていれば、吸っているのか吐いているのか分かるはずなので、ちょっとだけ待ってくれてもいいんでないのって思いました。というか、いつもそう思います。検査されるのは、こちらなので、こちらにあわせて欲しいものです。先日なんかは、フィルム入れずに撮ろうとしましたからね。ね、宜しく頼みますよ。ね。

★入院予約・・・
 ということで、検査が終わってから入院の予約へ。これは、まぁ、ちょっと前に入院しているからね。いいんだけど、まぁ、強いて言わせてもらえば、保証人。一人でいいんでないのかな。別世帯で、もう1人って、そろそろいなくなるんだけどね。しかも生計を立てている人は。会社を興すときの保証人も、第三者は辞めることになったようだから、こっちも、そうしてほしいなぁ、って思いました。
時代の流れとともに、仕組みも変え(見直し)ていって欲しいものです。

 この後、会計になるんですけど、番号札を受け取ってからは、いつも、昼食を摂りにいきます。だいたいメニューは決まっていて、しょうが焼き定食なんですよ。もう、こういうのしか食べるのがない、みたいにね。
で、食べ終わって戻ってくると、もう会計計算ができていて、すぐに支払いができるんです。でも、高いよね。
まぁ、こういう話はまた、確定申告の前にでも話しましょう。

 そして、全てが終わってから帰ろうと思ったんですけどね、どうにもなりません。採血時の貧血状態のままで、しばらく休んでいくことになったんです。そうして、TVの前に陣取ってNHKの大河ドラマの再放送を見ていたら、東北地方での震度5強の地震です。災害モードに入りましてね、ちょっと、そんなことをいろいろとやっていましたら、血も供給されたようで、帰れるようになりまして、30分後に無事帰途につくことができました。

 まぁ、血管が細いからね、それに血管が見えないので、また採血には苦労しそうです。

ということで。


にほんブログ村 病気ブログ 染色体異常へ
にほんブログ村
[PR]
by ksofnaka | 2011-07-24 21:57 | 症状(結石編) | Comments(0)